フェリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナはリバプールに所属するブラジル代表MFフィリップ・コウチーニョの獲得に迫っているようだ。

 先日、英メディア『スカイ』はバルセロナがリバプールに対し総額1億2500万ユーロ(約162億円)のオファーを断られたことからコウチーニョ獲得を断念したと報じていた。

 しかしスペイン紙『spprt』では、ここにきてリバプールが考えを変えたようで話し合いに応じる姿勢を見せていると伝えている。また、現地時間26日にはコウチーニョの代理人とリバプール首脳陣がバルセロナ移籍への話し合いを行ったとされている。

 記事によると、コウチーニョ獲得でバルセロナは1億6000万ユーロ(約208億円)をリバプールに支払う事になる模様だ。

text by 編集部