シンプルな線だけで矢印や円といった基本的な記号からSNSのロゴ、「カメラ禁止」「アラーム禁止」といった警告を意味するアイコンなど、多種多様な「Feather」が、誰でも無料でダウンロードできるようになっています。オープンソースとなっており、商用利用も可能です。

Feather - Simply beautiful open source icons

https://feathericons.com/

アイコンは全部をまとめてダウンロードする方法と好きなものだけを1つずつダウンロードする方法とが選べます。まとめてダウンロードする場合はトップページにある「Download」をクリック。



「feather.zip」というZIPファイルを「Explzh」などの解凍ソフトを使って解凍します。



解凍後にフォルダを開いてみると全部で240個のSVGファイルがありました。



どんなアイコンがあるのか?という一例は以下の通り。矢印や円、チェックマークなどの基本的な記号だけではなく、いかり、カレンダー、本、スーツケース、アパーチャー、カメラといったイラストっぽいものや……



バッテリー、充電中バッテリー、ベル禁止、ベルなど、1つのモチーフにつき複数のパターンがあります。



Facebook



Github



Chrome



Twitterなどソーシャルメディアやブラウザのロゴも簡略化された形でデザインされていました。



SVGファイルなので直接テキスト内に埋め込むことも可能。実際に使って見ると以下のような感じです。

1つ1つアイコンをダウンロードする場合はそれぞれの項目をクリックすればOK。



なお、FeatherはMIT Licenseで、商用利用・改変・再配布・私用は可能ですが、使用する際にはコピーライトの表記が必要です。