タイのインラック前首相、ドバイへ逃亡=関係筋

写真拡大

[バンコク 26日 ロイター] - タクシン派の政党であるタイ貢献党の関係筋は26日、タイのインラック前首相がアラブ首長国連邦(UAE)に逃れたと明らかにした。関係筋によると、インラック氏は先週タイからカンボジアへ出国。

そこからシンガポール経由でドバイに到着したという。ドバイには、インラック氏の兄であるタクシン元首相の自宅がある。

タイの最高裁は25日、在任中のコメ買い上げ制度を巡り国に損害を与えたとして職務怠慢の罪に問われているインラック前首相が、この日に予定されていた判決公判に姿を見せなかったとし、国外に逃亡したか、もしくは、国内に隠れている可能性があるとの見方を示していた。

また、プラウィット副首相も、同氏がすでに国外に逃亡した可能性があるとの見方を示していた。