東京から電車で1時間でアクセスできる千葉・房総エリアに、2018年1月から、209系通勤型車両6両編成をベースとしたサイクルトレイン(房総バイシクルベース)が走り出します。

このBOSO BICYCLE BASE、略して「B.B.BASE」(ビー・ビー・ベース)は、既存の209系6両編成の1〜3・5〜6号車の窓側に、1列座席と2列座席、サイクルラックを配置するイメージ。座席数は合計99席、サイクルラック数は合計99基。自分の座席の背後などに、所有する自転車を置く格好です。

4号車はフリースペース。間に腰掛けやロングシートが置かれ、既存のスタンションポールなどは撤去される見込み。

同列車は、旅行商品での発売を予定。JR東日本千葉支社は、同列車の専用ホームページを開設。BOSO BICYCLE BASEのコンセプト動画などを公開しています。