門脇麦がセリとして歌唱するシーン (C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

 女優の門脇麦(25)が、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の劇中で歌う、山下達郎書き下ろしの楽曲「REBORN」が、9月に発売となる山下達郎の新CD『REBORN』に収録されることが決まった。関係者によると、山下の作品に他者が歌う音源が収録されるのは今回が初めてだという。また、セリ(門脇麦)が歌う「REBORN」と山下達郎が歌う「REBORN」それぞれのミュージックビデオが28日、公開された。

 映画は、作家・東野圭吾の小説を実写化した映画作品。手紙で現在と過去をつなげる不思議な雑貨店を舞台に、養護施設育ちの若者と、町の人の悩み相談を聞く店主、そしてそれを取り巻く人々の時空を超えた心の交流を描く。

主演にHey! Say! JUMP の山田涼介。雑貨店主に西田敏行。共演に、尾野真千子、村上虹郎、寛 一 郎、林遣都、成海璃子、門脇麦、萩原聖人と豪華俳優たちが顔を揃える。監督は『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一さんが務める。

 このなかで、林遣都は売れないミュージシャンで、劇中で「REBORN」のメロディを生み出す松岡克郎役を担当。門脇麦は孤児院で松岡の曲を聴き、後にミュージシャンとして大成し「REBORN」を歌う女性シンガー・セリ役を演じる。

 「REBORN」は山下達郎が書き下ろした同映画の主題歌。原作で登場する「再生」という曲を映画で「REBORN」として具現化するという難しい作業を経て誕生したバラード。「REBORN」は主題歌としてだけなく、過去から現在へ歌い継がれている楽曲として、映画の主軸となっている。

 その山下達郎と門脇麦の“共演”が実現したMV、セリ(門脇麦)が歌う「REBORN」と山下達郎が歌う「REBORN」それぞれのMVが28日、公開された。

 山下達郎が歌う「REBORN」のMVは映画の世界観を踏襲し、映画の監督である廣木監督がメガホンをとった。映画にも出演している門脇麦が登場。亡くなった父親との思い出を噛みしめながら、父親への感謝を胸に前向きに生きようとする一人の女性を熱演、映画・そして楽曲のテーマである、時代を超えて受け継がれる<想い>を表現した。

 セリ(門脇麦)が歌う「REBORN」MVでは、劇中でも使用されたライブシーン、海辺でのバレエダンスシーンを中心に構成されている。日本を代表するミュージシャンに成長したセリが、克郎への恩返しの為に「REBORN」を歌う姿に心打たれる作品となっている。

 また、劇中でセリが歌う「REBORN」が山下達郎のCDに収録されることも決まった。関係者によれば、山下達郎の作品に他者が歌う音源が収録されるのは初の試みだという。【武田雄樹】

セリ(門脇麦)が歌う「REBORN」のMV

山下達郎が歌う「REBORN」のMV