可愛い!

こういう格好したい!!

雑誌でモデルさんが着ていた洋服に憧れること、ありませんか。

しかし、実際に着てみると…。

あれ?

なんか違うなぁ。

そう感じてしまうことがあります。

そんな女性の『理想』と『現実』をイラストにしたのは、さかもっさん(@sakamo2424)さん。

「分かる!」と、多くの声が寄せられました。

まずは『理想』から…。

こういう感じの女子になりたい!!

いい香りのしそうな髪の毛。首、細い!肌、白い!全体に華奢。ウエストが細いから際立つスカートのふんわり感。スカートから出る細い足、いい。

どんな服を着ても絶対に似合う、この感じ!

確かに、理想というだけあって可愛らしい女性です。

一方、『現実』はというと…。

なんかこれじゃない感!!

汗ハンパない。前髪、すぐ死ぬ。つまる首元。肩幅がなかなかにエグい。なんか全体的にパツパツなTシャツ。くびれなんて知らない寸胴体形。広がらないスカート。

憧れの服装にしても、自分の想像していたシルエットにならない!!!

並べてみると、こうなります。

確かに、全体的な印象が違いますね…。

このツイートに、さまざまな声が寄せられます。

理想の「ギュッ」という擬音がすべてを表している。私も「ストーン」です…。これ私のことですか?めちゃくちゃ共感しました!ふんわりと広がるスカートなんて、世の中に存在するんですか?本当はそんなものないのかと思っていた…。

中には「現実のほうが可愛い」といった声もありました。

女性に限らず、ファッションは多くの人を悩ませるもの。だからこそ、楽しいのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]