「豪州が日本に勝つ方法」 最終予選の大一番を前に英紙が特集 勝利のポイントは…

写真拡大

グループB3位のオーストラリアにとっても日本戦は「重要な一戦」

 日本代表は8月31日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でオーストラリアをホームで迎え撃つが、相手にとっても「重要な一戦」であり、英紙「デイリー・テレグラフ」は「サッカルーズ(オーストラリア代表)がワールドカップ予選で日本に勝つ方法」との見出しで特集を組んでいる。

 現在、W杯アジア最終予選グループB首位の日本が勝ち点17、サウジアラビアが同16の2位、オーストラリアが同16ながら得失点差の関係で3位となっている。日本とオーストラリアの勝ち点差はわずかに1。日本はこの一戦で勝利すれば6大会連続のW杯出場が決まる。

 デイリー・テレグラフ紙では、オーストラリアが日本に勝つ方法として大一番を展望。「サッカルーズはコンフェデレーションズカップで3試合を行い、準備面で少しながらアドバンテージがある」と強調。さらに、「代表が世界最高レベルに触れることができたのはチームにとって素晴らしいこと」と言及している。

 実際、オーストラリアはコンフェデ杯でドイツ(●2-3)、カメルーン(△1-1)、チリ(△1-1)と対戦。同記事では「チリ戦でベストパフォーマンスの一つと言える出来を見せた」と評されており、強敵との試合でベースアップに成功した感もある。

システムとムーイらキーマンをどう使うか

 日本との前回W杯最終予選では、日本が4-3-3、オーストラリア4-3-1-2を採用。FW本田圭佑のパスからFW原口元気が前半に先制点を決めるも、後半に原口が相手を倒してPKを献上し、1-1のドローに終わった。

 オーストラリア代表はコンフェデ杯で3-4-2-1をメインにしており、アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)やアレクシス・サンチェス(アーセナル)らが出場したチリ戦で1-1と善戦。3バックシステムは徐々に浸透しており、日本にとっては新たな対応を迫られる形となる。

 そのチリ戦では、MFアーロン・ムーイ(ハダースフィールド・タウンFC)とMFトム・ロギッチ(セルティック)が出場しておらず、記事では「ベストプレーヤーの2人がその試合でプレーしていなかった」と言及。そのうえで、「(アンジェ・)ポステコグルー監督は、チリ戦のようにハイプレスゲームに固執するのか。よりテクニカルな選手とともに、ベストプレーヤーのムーイとロギッチと一緒に戦うのか?」と勝負のポイントを挙げている。

 オーストラリアにとっては、浸透しつつある3バックを日本戦でも採用し、コンフェデと同様の戦い方を継続するのか。そして、ムーイとロギッチをどのような形で起用するのか。そのあたりが日本戦勝利のカギとなりそうだ。

豪州にとっては本田、香川が要注意人物

 その一方で、日本の要注意人物にも触れ、二人の選手をキーマンとして取り上げている。

「日本の選手のほとんどは、ヨーロッパ全土で非常に良いクラブに所属している。メキシコでプレーしている本田圭佑、ドルトムントのレギュラーである香川真司は、今まで何度も私たちを魅了してきた選手だ。だからどこで見ても見応えがある」

 本田はメキシコデビュー戦でゴールを叩き込むなどインパクトを残し、2試合連続途中出場と調子を上げたまま代表に合流する。香川も左肩の負傷から順調に回復し、今やプレーできる状態に戻っており、日本の10番も完全復活に向けて期待は大きい。

 本田と香川をいかに抑え込むかもオーストラリアにとって課題の一つと見られている。W杯予選の日本戦で過去5分2敗といまだ無敗ながら、日本の地では未勝利。両者のプライドが激突する日豪決戦は大きな注目を浴びそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images