佐久間由衣演じる時子が「ツイッギーそっくりコンテスト」へ出場することに/(C)NHK

写真拡大

早いもので、最終回まで約1カ月となった有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。既に“ひよっこロス”を心配する声もチラホラ流れ出したべ。

【写真を見る】美少女ぞろいの乙女寮メンバーの中でも特にスタイルのいい時子(佐久間由衣)/(C)NHK

8月21日からの第21週では、みね子(有村)があかね荘の“漫画家コンビ”の部屋で自分をモデルにした漫画を見つけて一喜一憂したり、父・実(沢村一樹)をかくまっていたことで一騒動あった大女優・世津子(菅野美穂)とテレビ局で再会し、一応の“和解”をしたりと、終盤戦へ緩めるところなく物語が進んだ。

本作のあらすじを毎週紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は第22週『ツイッギーを探せ』の第127〜132回までの1週間をまとめて予習する。

その前に、ひよっこ記者が第21週で気になった人物は、富さんことあかね荘の大家・立花富役の白石加代子だ。

今までは、誤解を恐れずにというか、歯に衣着せずに言うと…のほほんとマイペースにいつも何かを食べている、ちょっとがめつい大家のおばちゃんだったのだが…。

漫画家コンビ・啓輔(岡山天音)と祐二(浅香航大)が突然姿を消し、数日間帰っていないということに唯一気付き、心配し、自分の絵に驚き…つつ、のんきに出稼ぎから帰ってきた2人を激しい口調で「それなら言っていきなさい! 心配するでしょうが!」と、ちゃんと叱る。この一連の流れはあまりにも予想外過ぎて、びっくらこいたっぺ! 「子どもがまだ食ってる途中でしょうが!」くらいのインパクトだっぺ! あ、年代バレる。

もちろんなんだかんだ言って生粋のいい子たちである啓輔と祐二も、これにグレて果てしない闇の向こうに家出…などするわけがなく。

今までに見たことがない富の激高っぷりに、自分たちのしたことの重大さに気付き、富だけでなくみね子や早苗(シシド・カフカ)らみんなが親身に思っていてくれていたことにも感動し、人目をはばからずに泣いたんだっぺな。

やっぱ誰かが見てくれているのってうれしいよな。この記事も第1回からずっと読んでくれているって人はいるんだべか? いねえか。どうせうちのニワトリ編集者ぐれえか。はぁ…ひよっこ記者だらけのinnocent worldに行きてえなあ。

さて、第22週の「ひよっこ」はどんな感じだ〜?

■ 第127〜132回/8月28日(月)〜9月2日(土)放送

1967年夏、ツイッギーの影響もあって空前のミニスカート旋風が到来する。

時子(佐久間由衣)は、ミニスカートが似合う女性を選ぶ「ツイッギーそっくりコンテスト」へ出場することに。三男(泉澤祐希)のためにも、早く結果を出したい時子。

「絶対優勝する」という決意を伝えようと、みね子と共に三男が働く米屋を訪れる。

そこで初めて正面切ってさおり(伊藤沙莉)と対面した時子は、さおりが以前「時子のファン」だとうそをついていたことを知る。

三男を巡って“三角関係”の時子とさおり。一歩も譲らない2人の大げんかが始まり、みね子もなぜかとばっちりを受けることに…。

一方、由香(島崎遥香)は柏木堂で働き始める。鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)に見つけてほしいようだが、柏木(三宅裕司)親子には「自分がいることは秘密」と念を押す。

ある夜、久々にバー「月時計」に集まったみね子、時子、早苗、由香。4人で積もる話をしていると、早苗が店外に見えた人影を追って、突然飛び出していってしまう。

その頃、あかね荘では、富にある異変が起きていた。電気もつけずに部屋にいた富に、愛子(和久井映見)が声をかけると、「胸騒ぎがする」と言うのだが…。

■ ひよっこ記者の裏ネタ

ここら辺で“島谷ロス”からの再登場について触れっぺー!

どこかの雑誌で好き勝手テキトーなことを書かれていた本件。それも週刊ザテレビジョンによる視聴者アンケートで、みね子の新たな恋のお相手について「島谷のお見合いが破談し、みね子と復縁」という意見が5割近くを占めるなど、いまだにみね子と島谷の恋再び、を望む声が多数を占めているからこそなのか。

そんな中、8月26日の放送終わりに次週予告で島谷の姿が。これにはファンからも「ついにキター!」「島谷カムバック!」「うれしすぎる!」などの声が殺到したべ。

みね子と破局した後、地元・佐賀へ戻ったはずの島谷は、一体何をしているんだべか。「なんか合わす顔がなかった…」(予告より)って誰に言ってんだー!?

そういえば、みね子の母ちゃん・美代子(木村佳乃)は「(みね子が付き合っていた)島谷くんとは、美代子は結局会えなかったですからね。(演じる)竹内くんとは、中打ち上げで会いましたけど…。スラッとしてる、好青年でした!(笑)

私は、ヒデくん(秀俊=磯村勇斗)も気になっているんですよ。包丁さばきだったり、喋りながら野菜の皮をむく演技だったり、相当に練習していると思います。なかなかできることじゃないのに、上手ですよね。一目置いているんです!(笑)」と語っていたっけ。

それは実際に何かストーリーと関係あんのかな? いろいろ妄想を膨らませて今後の「ひよっ恋」に期待してくんちぇー!