8月26、27日に日本テレビ系で放送された「24時間テレビ40―」/(C)NTV

写真拡大

2017年8月26日、27日の2日間に放送された「24時間テレビ40―」(日本テレビ系)。生放送終了後、メインパーソナリティーを務めた亀梨和也が取材で現在の心境を語った。

【写真を見る】武道館に駆け付けた高畑充希&竹内涼真らの様子はこちら!

■ たくさん泣いたけど…「ちょっと大人になれたのかな」

亀梨は「僕としては11年ぶりの24時間テレビ(のメインパーソナリティー)で、当時、一生懸命はやらさせていただいたのですが、体力も物理的に11個年を重ねているわけで、今回がどういう感じになるか想像もできなかった」とメインパーソナリティー5回目の櫻井翔や2年連続の小山慶一郎とは異なる不安があったという。

それでも大役を見事務め上げ「自分の未熟さや、反省するところはあるんですが、その中でまた一つ違う角度、景色を見させてもらいながら、24時間過ごさせてもらえたなと感じています」を振り返った。

続けて「当日を迎えるまでに、出演者の方々、スタッフさんであったり、(ドラマスペシャル『時代をつくった男 阿久悠物語』の)登場人物の方であったり、皆さんの熱量を目撃しながら過ごし、エネルギーを蓄えながらやっている感じがありました」と現場の熱さを報告。

そして、「自分の涙腺がこんなことになるんだという(事に気付きました)。テレビで泣いたりとかあんまりなかったんですけど、一応こういう立場ですし、抑える部分はあったんですけど、後半とかもうダメでした。ちょっと大人になれたのかな」と“告白”し、はにかんだ。

■ 意外なブルゾンとの過去とは!?

チャリティーマラソンを見事完走したブルゾンちえみについては「今回ご一緒させていただく以前は、『わー! すげー、ブルゾンちえみだ!』と言ってしまうようなテレビの中の人でした。映画のPRの時に、たまたま現場が一緒になったことがあり、その時に「一緒に写真を撮ってもらっていいですか?」と言ったら、『いいですよー!!』と撮ってくれて」と意外なエピソードを披露。

■ 亀梨がブルゾンの人柄を絶賛!

ブルゾンの人柄については「瞬く間にスポットの当たる場所に駆け上がった印象がありますが、今回のマラソンもそうですけど、任される大きな物事に対して真摯に受け止めて前向きにやる人」とキッパリ。

加えて「(番組宣伝の)電波ジャックでも、ブルゾンさんと朝からずっとご一緒させてもらったりしたんですけど、ますます注目度や与えられている立場があることを実感しましたし、それなのに、すごく謙虚で、純粋さがあって、人間としてすごく魅力のある方。そういう部分が最後はグググッと世間の関心を引き寄せているのだと思います。それに、最後(のゴール後の涙する姿)の、彼女の表情を見るとグッと来るものがありました」とブルゾンの魅力をたっぷりと語った。

また、小山が“with B”ことブリリアンを絶賛すると「ゴールの瞬間も、ちゃんとwith Bのイメージとキャラクターを保っていたよね。でも、2人はアイコンタクトしていたんですよ。あれもグッと来るものがありましたよ」と話に加勢し、ブルゾンとブリリアンのトークは大いに盛り上がった。

■ 亀梨が「心の支え」について明かす!

メインパーソナリティーを務める上で「心の支えになったもの」という話題になると、亀梨は「では、僕から」と挙手。

亀梨は「今回『告白』というテーマで多くの視聴者のが参加してくださいましたし、また、見てくださった方ももちろんそうですし、まずはスタッフさんを含めた携わってくださった方たちですね」と即答。

また、「横に(櫻井と小山の)2人がいてくれて、グループとはまた違った良い緊張、良い刺激をいただきながらのあっという間の『24時間テレビ』でした」と櫻井と小山の存在を噛み締め、「翔君は先輩として格好良いなと改めて思いました。小山は、年は一つ上なんですけど、ジャニーズの歴では一つ後輩。小山が普段からやっている仕事の重み、その積み重ねを僕も感じました」とそれぞれの魅力を再認識。

さらに、「今KAT-TUNは充電中ですが、年に1〜2回、あいさつする程度でしか会えない2人と、普段捉える事のできない感覚を間近で感じながら同じ時間を過ごせたというのは、僕にとっても、KAT-TUNにとっても大きな充電になりました」と明かし、今回の共演を改めて喜んでいた。