レアル・マドリー、白星逃す【写真:Getty Images】

写真拡大

【レアル・マドリー 2-2 バレンシア リーガエスパニョーラ第2節】

 レアル・マドリーは現地時間27日、リーガエスパニョーラ第2節でバレンシアをホームに迎え、2-2の引き分けで試合を終えた。

 クリスティアーノ・ロナウドに加えてセルヒオ・ラモスを出場停止で欠くレアル・マドリーは、カゼミーロを最終ラインにおいてスタート。一部主力を欠いても立ち上がりから主導権を握った。

 開始10分、レアル・マドリーは敵陣でプレスをかけて相手のミスを誘うと、高い位置でボールを拾ったアセンシオがペナルティアークから冷静に決めて先制する。

 しかし、バレンシアはすぐに反撃。18分、左サイドを突破して中にグラウンダーのクロスを入れ、ソレールが同点弾を決めた。

 その後はレアル・マドリーが勝ち越しに迫る場面があるが、なかなか決めきれない。後半はレアル・マドリーがさらにボールを支配するが、2点目を決めたのはバレンシア。77分、左サイドからのクロスをニアのロドリゴがコントロールして後ろに落とすと、走り込んだコンドグビアが決めた。

 それでもレアル・マドリーは83分、先制点を決めているアセンシオがFKを直接決めて2-2とし、再び追いつく。

 終盤はレアル・マドリーのベンゼマにチャンスが続いたが、GKの好守もあり決まらない。

 試合は2-2の引き分けで終了。レアル・マドリーが第2節で勝ち点を落とした。

【得点者】
10分 1-0 アセンシオ(レアル・マドリー)
18分 1-1 ソレール(バレンシア)
77分 1-2 コンドグビア(バレンシア)
83分 2-2 アセンシオ(レアル・マドリー)

text by 編集部