亀海(左から2人目)はコット(同3人目)と健闘を称え合う

写真拡大

 ◇WBO世界スーパーウエルター級王座決定戦12回戦 ○同級1位ミゲル・コット 判定3―0 同級6位・亀海喜寛●(2017年8月27日 米・カリフォルニア州)

 通算6度目の世界王座獲得となったコットは試合後、次戦で引退すると表明した。「10月29日で37歳。やりすぎたよ。12月にもう1試合やって終わりだ」。

 1年9カ月ぶりの試合も巧みなボクシングは健在でスタミナも切れなかった。紳士的な態度でも知られ、「本当にタフな選手だった。5、6回でKOは無理だと分かった」と亀海を評価することも忘れなかった。