マクレガー戦に勝利したメイウェザー(AP)

写真拡大

 ◇スーパーウエルター級12回戦 ○フロイド・メイウェザー 10回1分5秒TKO コナー・マクレガー●(2017年8月26日 米・ラスベガス)

 元5階級制覇王者のメイウェザーが2年ぶりの現役復帰戦で、総合格闘技UFCの2階級制覇王者マクレガーに10回TKO勝ち。

 プロ通算50戦全勝(27KO)として伝説の元ヘビー級王者ロッキー・マルシアノ(米国)の49戦全勝を抜き、「これが本当のラストファイトだ。50戦全勝という響きはいいね」と再び引退を表明した。

 中盤からボディー攻めで弱らせると、10回にはボクシングデビュー戦の相手をボコボコにしてレフェリーストップ。「茶番」とも批判されるこの1試合で2億ドル(約218億円)の収入を得る可能性がある40歳は「ファンが望むものを見せてやれた」とご機嫌だった。