北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、韓国の文在寅政権が、北朝鮮が核・ミサイルの挑発を中断すれば対話が可能と主張していることを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、文政権の主張に対して、「トランプ一味が先日、朝米対話の『3大条件』に打ち出した『核実験中断、弾道ミサイル試射中止、挑発的言行中断』や朴槿恵逆徒が持ち出した『先非核化』の詭弁と本質上、異なるものが一つもない」と述べた。

また、「核問題は徹底的にわれわれと米国間の問題であり、米国の反共和国敵視政策と核恐喝・威嚇が持続する限り、いつになっても解決されないということについては全世界が知っている」と強調した。

その上で、「われわれが南朝鮮のかいらいと核問題を論じることは絶対にないであろう。北南関係に対する南朝鮮当局の根本立場が正しく立たない限り、北南対話は名ばかりのうわべ飾りにすぎない」と主張した。