iPhoneがほぼ完全にGoProになるケース【今日のライフハックツール・ベスト版】

写真拡大 (全2枚)

2017年4月26日の記事を再掲載しています。

「GoPro」といえば、アクションカメラの代名詞。手軽に迫力のある動画が撮れるために、屋外でのアクティビティーが好きな人に人気抜群のアイテムですが、滅多に使わないという人にとっては手を出しにくい物でもあります。

しかし、もしiPhone 6以降をお使いなら、安価にGoPro体験をしてみるチャンスがあります。

『ProShotCase』は、iPhone 6以降で使える防水ケースですが、ユニークなのはGoProマウントを備えている点。

つまりGoProの豊富なアダプターを使って、あらゆる物に固定して撮影することができるのです。iPhone自身のサイズが大きい点と、撮影中にはiPhoneが使いにくいのを除けば、GoProと全く同じ撮影体験を得られると言ってしまってもいいでしょう。

Image: ProShotCase

タッチスクリーンが使えるタイプは、水深1.8mまでの防水となりますが、タッチスクリーン非対応のタイプは、水深30mまで潜れます。後者は、シュノーケリングでの撮影なら問題なく対応できますし、もちろん水深に気をつけておけば、スキューバダイビングでも利用可能です。

両タイプとも、iPhone 6/6s/7用が1万1000円(送料別・税別)、iPhone 6 Plus/7 Plus用が1万3000円(送料別・税別)となっています。

Image: ProShotCase

Source: ProShotCase