【復職】「マミートラック」に乗る?乗らない?復職後の選択が人生を変える理由

写真拡大

「マミートラック」という言葉をご存知でしょうか。

忙しい共働き家庭でもできる! ”稼げる夫”を育てる妻の習慣とは

マミートラックとは、仕事と育児の両立はできるものの、昇進や昇格とは縁遠い働き方を強いられることを言います。

妊娠前は第一線で活躍するバリバリのキャリアウーマンだった人が、妊娠出産を経て復職したとたん、資料やデータ整理などのような負担の少ない補佐的な仕事にまわされてしまい、仕事のモチベーションを見出せず、出世もできないと嘆くパターンは少なくありません。

それはまさに「マミートラック」に乗ってしまった状態であり、働く側が望んだものではないケースがほとんどです。

そんなマイナスイメージしかないように思われるマミートラックですが、実はそれに乗りたいと言うママも少なからず存在しますが、なぜ乗りたいと言うのでしょうか。

乗りたいと言うママ達からは、「乗らなければ仕事と育児を両立できない」という声が聞こえてきますが、乗りたくないママ達からは「一度乗ってしまったらおしまいだ」という声も聞こえてきます。

果たして、働くママはマミートラックに乗った方が良いのでしょうか、乗らない方が良いのでしょうか。

今回はマミートラックに「乗りたい」「乗りたくない」それぞれの意見を持つママ達にインタビューをし、乗ったらどうなる?乗らなかったらどうなる?それぞれの人生についてお伝えしたいと思います。

マミートラックに「乗りたい」ママの主張

仕事と育児を両立させたいと思いつつも、子どもが小さなうちはどうしても育児に比重を置きたいと考えるママは多く存在します。

働くママは、保育園のお迎え時間にタイムリミットがあるため、就業時間に制約があり、子どもが体調不良の時はどうしても会社を休まなければなりません。

責任ある仕事を任されれば残業はつきものですし、なかなか休むことはできません。そういった環境を強いられることがママ達をマミートラックに乗せてしまうのでしょう。

実際にマミートラックに乗りたいと言うママ達からは「子どもとの時間を大切にしたい」「子育ては自分でやらなきゃ」「子どもを預けて仕事をするママは良くない」そういった声が聞こえてきます。

育児に関しては自分以外に誰も頼ることができず、自分の手でやらなければならないという責任感の強いママこそ、マミートラックに乗ってしまう傾向にあるようです。

結論として「マミートラックに乗る=仕事をしながら、子どものために休める」というママ達の考えがマミートラックに乗ることへの道を切り開いていると言っても過言ではありません。

1度乗ってしまえば、元のような会社が期待する人材には戻れなくなる可能性があることを分かっていながらも、待ったなしの育児と両立させるためには仕方ないと割り切っているママも多いようです。

「一度乗ってしまったらおしまいだ」乗りたくないママの主張とは

子どもを預けてまでしている仕事がママにとって納得できるものではなく、ましてや不満だらけでは、子どもが喜ぶわけもありません。

ママが充実した仕事をして活き活きしている方が子どもにとっても良い影響があると考えるのがマミートラックに乗りたくないママの主張です。

また、子どものために残業できない、休めないが理由で一度マミートラックに乗ってしまうと、環境的にもマインド的にも這い上がるのが困難になるとも主張します。

なぜ一度乗ってしまうと、這い上がるのが困難になってしまうのか。

それは責任のない誰でもできる仕事が5年も続くとあれば、社内的にはどうしてもサポート的な仕事の人というレッテルを張られてしまい、会社が期待する人材になるためには相当の努力が必要となります。

また、復職して5年も経つとそれなりに年齢も重ねているため、頑張ることに対して億劫になってしまい、重い腰がなかなか上がらなくなってしまう、とマミートラックを経験したママ達は言います。

それが環境的にもマインド的にも這い上がれなくなる理由のようです。

子育てに手がかからなくなった後もずっとマミートラックの状態では、働き甲斐がないですよね。ですからマミートラックには乗らず、育児で大変な時期も周りの協力を得ながら乗り越える方が良いと、乗らない派は主張します。

まとめ

マミートラックに乗る、乗らないは個人の仕事に対する考え方や人生観にもよりますから、一概にどちらが良いとは言い切れません。

しかし、育児抜きで考えた場合、ほとんどの働くママがマミートラックに乗りたいなどとは思わないはずです。

マミートラックという言葉が存在すること自体、ママ達が働く上での環境整備が遅れていることを意味しますが、少子化問題を抱えているからこそ国をあげて優先して改善すべき問題ではないでしょうか。

仕事も育児も頑張り続ける女性が、マミートラックに乗る、乗らないの選択により人生を変えてしまうことがないよう、マミートラックという概念がいつしかなくなってくれることを期待しております。