オリーブの丘の「ピッツァ食べ放題」

写真拡大

「イタリアンのファミリーレストランチェーン」と聞いて、多くの人が思い浮かべるのが「サイゼリヤ」だろう。

 同店の特徴といえば、300円以下のメニューが並ぶコストパフォーマンスの高さだ。しかし近年、“ファミレス界最強”と目されていたサイゼリヤを超える、高コスパのイタリアンチェーン「オリーブの丘」が話題になっている。いったい、どんな店なのだろうか。

●300円でピザ食べ放題?驚異のコスパを体験

 オリーブの丘とは、飲食大手のゼンショーグループが運営するイタリアンチェーン店。ただ、同店には公式ホームページが存在せず、2017年6月現在、店舗は都内に3店舗のみ。メニューも公開されていない。謎だらけのイタリアンファミレスなのである。そこで、11年3月に開店した初号店「オリーブの丘 保谷店」に足を運び、その実態を探った。

 土曜日の夕方に入店したためか、店内は空席が目立つ。2人席に案内され、メニューを開くと「小柱とオリーブの冷製マリネ ¥180」(税別、以下同)「グリーンサラダ ¥298」「ハウスワイン(グラス) ¥100」といったリーズナブルな商品が並ぶ。

 なかには、サイゼリヤのメニューと似ているものもあったが、「激安でイタリアンを提供するとなると、同じようなつくりになってしまうのかもしれない」と優しい気持ちで受け止めることにした。

 さらにページをめくると「焼きたて!10種類 ピッツァ食べ放題+¥300」の文字がデカデカと書かれている。どうやら「オリーブの丘は高コスパ」といわれている最大の理由は、このピザ食べ放題にあるらしい。

 喜び勇んだのもつかの間、よく見ると「お好きな生パスタ、グリル、ドリアに組み合わせてお楽しみください」との文字が申し訳なさげに記載されている。つまり、ピザ食べ放題のみのオーダーはできないということだ。激安カラオケなどにありがちな、ワンドリンク制に近いシステムのようだ。

 そこで、指定されたメニューのなかで、もっとも価格が安い「ボロネーゼドリア ¥298」と「ピッツァ食べ放題 ¥300」の組み合わせを注文した。

 ワンオーダー制に少しがっかりしたものの、それでも合計で598円という安さだ。ちなみに、筆者が訪れた土曜は、オープンから22時まで延々とピザを食べることができるというから、驚異のコスパであることは間違いない(店舗ごとに条件は異なる)。

 同店のピザ食べ放題には、2つの方法がある。店員さんが持ってきてくれたピザを専用のお皿に盛ってもらう方法と、専用コーナーに盛られたピザを自分で取りに行くという方法だ。

 卓上には「まだまだいただきます」と「少し休憩します」と書かれた両面印刷のカードがあり、カードの表裏を駆使して、ピザの提供頻度を調整できる仕組みになっている。

●次々と運ばれてくるピザ、全10種類を完食!

 とりあえず、店員さんが提供してくれるピザを待つこと2分。お皿に1ピースのピザが盛られた。ちょうど手のひらに収まるくらいの大きさで、具よりも生地の範囲が広めの「マルゲリータピザ」だ。焼きたてのうれしさは大きいが、チーズがあまり載っていなかった点に300円の切なさを感じる。

 そうこうするうちに「ボロネーゼドリア」が到着。値段、見た目ともにサイゼリヤの「ミラノ風ドリア」を彷彿とさせるが、こんがりと焼き目がつき、濃厚なホワイトソースとミートソースがからみ合ったしっかりとした味わいだ。満足感はあるが、敷き詰められたターメリックライスを含めて、全体の量はあまり多くはない。

 そして、筆者がドリアに挑んでいる間にも、「まだまだいただきます」のカードが掲げられているため、次々とピザが運ばれてくる。食べ放題で提供されるピザは、全10種類。マルゲリータのほかにも、「オクラとトマトのピザ」「鶏の照り焼きマヨネーズピザ」「3種のチーズピザ」「お好み焼き風ピザ」など、趣向を凝らしたものが提供される。

 卓上のカードを「少し休憩します」に替えることなく延々と食べ続け、10種類のピザを完食。筆者の貧乏性がアダとなり、後半はほとんど味の違いがわからなくなってしまうぐらいの暴食状態となってしまった。

●ピザ食べ放題が客の回転率を下げている?

 筆者がピザと格闘している間、店内は家族連れや学生などのファミレスらしい客層が多く訪れ、満席に近い状態に。隣に座っていた家族連れの会話に耳を向けると、何やらメニュー選びでモメている様子だ。

「ピザは1人1皿頼まないといけないし、そのために料理も1品頼まなきゃいけないの。あんた、全部食べられるの?」

 お子さんに詰め寄るお母さん。そう、このピザ食べ放題を堪能できるのは、料理1品とピザ食べ放題をセットで注文した者のみ。たとえ家族で来たとしても、ピザを分け合うことも持ち帰ることもできないという、鉄の掟があるのだ。

 この家族だけでなく、ピザ食べ放題を注文した客は、きっちり人数分の料理を頼んでいるように感じられた。オリーブの丘の「ピッツァ食べ放題 ¥300」の安さを支えているのは、鉄の掟をしっかり守る客たちの誠実さなのかもしれない。

 結果的に、満腹度という点からいえば合格点。リーズナブルに空腹を満たしたい人にとっては、かなりコスパがいいといえるだろう。その一方で、気になったのが回転率の悪さだ。

 筆者のように10種類のピザを食べるまで帰らない客の存在が回転率を下げるのはもちろん、店員さんたちの手が常におかわりのピザでふさがれているため、そのほかの仕事まで手が回らないのだ。退席した客のテーブルも、いつまでも片付けられないので、新たな客を案内することができず、食べ散らかされた無人のテーブルだけが増えていくという荒涼感はなかなかのものだ。

 筆者が訪れた店舗の人手が偶然足りなかっただけなのかもしれないが、せっかくのピザ食べ放題も、客が席につかなければ元も子もない。サイゼリヤを超える高いコスパを実現するオリーブの丘だが、今後、さらなる発展のためには店内オペレーションの改善による回転率アップがカギとなりそうだ。
(文=谷口京子/清談社)