中国製の医療設備「聯影96環PET-CT」が愛知県名古屋市の藤田保健衛生大学病院で正式に導入されることとなり、24日にその除幕式が行われた。

写真拡大

中国製の医療設備「聯影96環PET-CT」が愛知県名古屋市の藤田保健衛生大学病院で正式に導入されることとなり、24日にその除幕式が行われた。これにより「中国智造(中国のスマート製造)」による大型ハイエンド医療設備が日本市場に初進出することになる。この医療設備は人体に対し全方位的なスキャンを行うことを可能とし、病巣の発見と疾病の診断に威力を発揮する。新華社が伝えた。

上海聯影医療科技有限公司の◆宏高級副総裁(◆は糸へんに膠のつくり)は、「日本の核医学は発達しており、その質とサービスシステムに対する要求は非常に高い。『中国智造』のハイエンド医療設備が日本に輸出できたことは、同製品が一定の高いレベルにまで達したことが証明されただけでなく、世界に輸出していく上でより多くの自信をつけることとなった」とした。

藤田保健衛生大学の星長清隆学長は、「ここ数年、中国の科学技術の発展は目覚ましく、我々は上海の病院でもこの医療設備の実地視察を行っており、その実用効果がとても優れていることが明らかとなっている。解像度も欧米の類似製品に比べ優れている上、価格もそれほど高くないため、中国のこの製品の導入を決めた」とした。

上海富吉医療器械有限公司の裴元虎総経理は、「これは中日両国の医学分野が、科学研究と製品開発の面で新たな段階に一歩を踏み出したことを意味する。まるでシーソーが傾くような転換期が訪れており、これはこの分野における中国製品に対する一部の日本の方の今までの考えを変えるような働きをするだろう」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集TG)