昨今、日本酒バルが誕生したり日本酒ベースのカクテルが登場したりと、日本酒のスタイルはお洒落で格好良いものへと変化。楽しみ方の幅やジャンルが増え、東京の女性や若者の間で確実に注目を集めている。

そんな中、“今の日本酒”のさらなる魅力を知ってもらおうと、日本各地から選定された10蔵が集結し催されるのが「TOKYO SAKE CRUSE 2017 IN TOKYO BAY BY 日本酒オーシャンズ」だ。

2015年の初開催以来大人気のイベントが、今年も9/10(日)に開催される。チケットの購入はコチラから。


会場は海の上!人気上昇中のイベントが今年も帰ってくる!

開放感のあるデッキで、海風を感じながらグラスを傾ける贅沢なひと時

日の出ふ頭から夕方出航のクルーザーに乗り込み、約2時間半のクルージングで変化する東京湾景を望みながら、日本酒と掛け合わせのよい和洋のお料理を堪能出来る、まさに大人のための1日限定イベント。

毎回盛況のうちに終わり、参加者の満足度も高い当イベントは今年で3回目の開催となる。日本酒の個性に合うペアリングを発見することができ、日本酒ファンだけでなく初心者も日本酒の奥深さにどんどんハマってしまうはずだ。

そしてそのホストが、日本酒の未来を担う二代目蔵元10名でしかも男前!と言ったら尚更。


ホストは超個性派!「日本酒オーシャンズ」って誰だ?!

(前列左から)『仙禽』 薄井一樹さん(栃木)、『七本槍』 富田泰伸さん(滋賀)、『くどき上手』今井俊典さん(山形)、『義侠』 山田昌弘さん(愛知)、『而今』 大西唯克さん(三重)/(後列左から)『真澄』 宮坂勝彦さん(長野)、『乾坤一』 久我 健さん(宮城)、『田中六五』 田中克典さん(福岡)、『手取川』 吉田泰之さん(石川)、『蒼空』 藤岡正章さん(京都)

まだまだ難しくて堅いイメージがある日本酒の新しい魅力を伝えようと活動しているのが、超個性派な10の蔵元を集めて結成した”日本酒オーシャンズ”だ。

それを率いるのは、山形県鶴岡市にある亀の井酒造『くどき上手』の今井俊典さん。チーム結成にあたって定めた人選基準は、「酒が旨くてブランド力があること、ビジュアルがあか抜けていること、互いに刺激し合えること」だ。

全国の蔵元の中から今井さんが口説きおとした若手蔵元たちが、日本酒の旨さや可能性を広げるべく結成した。

クルーズ船という非日常空間でイベントを開催するのも、蔵元自身が日本酒を広げる媒体となり、日本酒業界や消費者に刺激を与えていきたいという目的があるから。

イベント当日は蔵元が直々に日本酒を振舞い、参加者と一体となってその場を盛り上げる。



共通の目的を持った蔵元たちによって開催されるこのイベントは、日本酒への愛はもちろんのこと、日本酒のさらなる可能性を感じることだろう。

家ではなく、船上で。御猪口ではなく、ワイングラスで。クルージングをしながらという贅沢な空間で、10種の銘酒が呑めて食事も付き、参加費はひとり1万円。1年に1度のこのイベントを逃さない手はない。

350名限定のプレミアムイベントだが、既にチケットは完売に近づいているとのことなので、チケットの購入はお早めに。

チケットの購入はコチラ
http://eplus.jp/sys/T1U14P002232816P0050001



これまでに開催されたイベントの様子を覗いてみよう!

300名以上の乗客がクルーザーに乗り込み、出航!



船内のエントランスでは、蔵元たちがゲストをお出迎え



厳選された20種の銘酒はクーラーで冷やして提供される



蔵元が自ら心をこめて注いでくれる!


続いて、若き杜氏たちこだわりの銘酒を紹介&イベント情報


日本酒オーシャンズのメンバーを銘酒と共に紹介!


【亀の井酒造】今井 俊典 氏

山形県


日本酒オーシャンズ代表の今井氏。酒造りの様子




「くどき上手(くどきじょうず)」

今井氏のコメント


「今の日本酒はお魚と同じく、呑む旬があり鮮度が大切です。蔵の強みである果物の香りと甘み、新鮮なくどき上手、堪能して下さい。」





【大沼酒造店】久我 健 氏

宮城県


日本酒オーシャンズ副代表の久我氏。蔵人ともに酒造りの様子。揃いのTシャツにて。




「乾坤一(けんこんいち)」

久我氏のコメント


「宮城のお米を中心とした酒造り。米の旨味と季節感そしてキレのよさが特徴。」





【白糸酒造】田中 克典 氏

福岡県




「田中六五(たなかろくじゅうご)」

田中氏のコメント


「糸島の誇る山田錦に真直ぐ向き合い、‘田’んぼの‘中’で醸される65%精米の純米酒、田中六五、お楽しみください。」





【吉田酒造】吉田 泰之 氏

石川県




「手取川(てどりがわ)」

吉田氏のコメント


「石川県の伝統の技とモダンなセンスを融合。蔵の改革は始まったばかりですが、美しき伝統の新スタイルを表現させていただきます。」




写真上段:(左)藤岡酒造・藤岡氏(右)「蒼空」/写真下段:(左)「而今」(右)木屋正酒造・大西氏

■京都府【藤岡酒造】藤岡 正章 氏
「蒼空(そうくう)」
藤岡氏のコメント:「青空を見上げるとホッとできるように 飲んだ人が優しい気持ちになれるような そんなお酒を造りたいと思い蒼空と名付けたお酒を醸しています。」

■三重県【木屋正酒造】大西 唯克 氏
「而今(じこん)」
大西氏のコメント:「而今とは今を生きるという意味。甘さと酸味を特徴にフレッシュジューシーなお酒です。」




写真上段:(左)山忠本家酒造・山田氏(右)「義侠」/写真下段:(左)「仙禽」(右)せんきん・薄井氏

■愛知県【山忠本家酒造】山田 昌弘 氏
「義侠(ぎきょう)」
山田氏のコメント:「”米の持つ力を最大限酒に還元する”ことを蔵の使命と考え、米の旨味のしっかりとある酒を醸し、熟成にも力を入れています。」

■栃木県【せんきん】薄井 一樹 氏
「仙禽(せんきん)」
薄井氏のコメント:「原料米のドメーヌ化を推進し、酵母に頼らない自然体の日本酒を。」




写真上段:(左)宮坂酒造・宮坂氏(右)「真澄」/写真下段:(左)「七本槍」(右)冨田酒造・冨田氏

■長野県【宮坂醸造】宮坂 勝彦 氏
「真澄(ますみ)」
宮坂氏のコメント:「発見から70年が経過した協会七号酵母。我々の蔵のルーツともいうべきこの酵母を使用し、次の時代に向け挑戦する、それがMIYASAKAです。」

■滋賀県【冨田酒造】冨田 泰伸 氏
「七本鎗(しちほんやり)」
冨田氏のコメント:「地元の米、水、環境で造る事に重きを置き、米の旨みを感じることの出来る食中酒です。ぜひお料理と一緒に!」




■イベント概要

イベント名:TOKYO SAKE CRUSE 2017 IN TOKYO BAY BY 日本酒オーシャンズ ※350名限定
開催日:9/10(日)
場所:シンフォニークルーズ シーライン東京(港区海岸2-7-104)
料金:10,000円(税込)
受付開始:15:15
出航時間:16:00
帰港時間:18:20
Facebook:https://www.facebook.com/sakeoceans/

チケットの購入はコチラ



会場では日本酒との掛け合わせの良いお料理でおもてなし。昨年はクエの広東蒸しやワニのソテー 味噌ラタトウィユ、メサバ棒寿司などをご用意。