高橋一生がdヒッツのCMで「抱きしめたい」を歌唱する

写真拡大

“貝原ロス”“政次ロス”など、演じるキャラクターが絶大な人気を博し、社会現象になることも多い俳優の高橋一生。そんな高橋が父親役で出演する「dヒッツ」の新TVCM『娘の帰り』篇(15秒・30秒)が、8月28日(月)より全国でオンエア開始し、高橋がMr.Childrenの名曲「抱きしめたい」を聴きながらアカペラを披露することが分かった。

【写真を見る】高橋一生が白髪で“年頃の娘”の父親に!

今回オンエアされるCMは、7月18日に公開された25周年ムービー「いつか、あたりまえになることを。」のスピンオフ。

25周年ムービーでは、当時17歳だった主人公の父(高橋/高杉真宙)と母(黒木華)の出会いから、主人公の娘(清原果耶)が17歳になるまでの物語が描かれており、父と母が結婚するまでの紆余曲折(うよきょくせつ)や、反抗期の娘と父が距離を取り戻していくさまが、Mr.Childrenの楽曲と共に描かれた。

スピンオフCMでは、そんな25周年ムービーの中では描き切れなかった、“その先”の親子の絆を映し出す。駅で娘の帰りを待つ過保護な父と、父の気持ちを分かりつつも照れくさそうにする娘との仲むつまじい姿が描かれる。

父親役の高橋が大切な娘を思いながら「抱きしめたい」を歌う姿は今回のCMの最大の見どころ。そんな高橋は、今回白髪メークにも挑戦している。「過去に父親の役は演じた事がありましたが、自分が白髪のメークをして年頃の女の子の父親を演じるのは初めてで、とても感慨深かったです」と振り返った。

また、今回のCM公開記念としてdヒッツサイト内でスペシャルコンテンツがスタンバイ。CM本編では見られなかった撮影裏の様子を映した特別メーキングムービーや、高橋と清原の特別インタビュー記事が、8月28日(月)朝7時より公開される。

高橋は「『抱きしめたい』は大事な人を思って歌った曲だと思います。自分にとって父と娘の関係性はまだ想像でしかないですが、関係の構築によっては父でもあり、友人でもあるような特殊な関係性になれると思います。なので、この歌の持つ大事な人という意味では変わらないと思いました」とコメント。

一方、娘役の清原は「前回の25周年ムービーの終わり方が、仲直りをしたとはいえ、まだ父に対して心を開ききっていないと思っていました。なので今回のCMでも、父に自らべったりと駆け寄っていくのではなく『お父さん、私のこと好きなんだなぁ』と父からの愛を感じられるような、愛される娘になろうと意識しながら演じました」と、ポイントを明かした。

さらに、dヒッツではMr.Childrenのスペシャルプログラム第3弾が登場。CMタイアップ曲「抱きしめたい」に加え、「足音 〜Be Strong」「Sign」「しるし」「箒星」などの代表曲が楽しめる。