メイウェザー(左)がマクレガー(右)にTKO勝利した試合を米メディアは好意的に報道した(写真:ロイター/アフロ)

写真拡大

プロボクシング無敗の元5階級王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(40)と総合格闘技UFCの2階級王者、コナー・マクレガー(28)のボクシングルールによる世紀の一戦は、戦前の予想通りにメイウェザーが10回1分5秒にTKOで圧勝した。メイウェザーに2年のブランクという不安があったといえ、総合格闘家が相手の土俵のボクシングルールで、元5階級王者に勝負を挑むこと自体に無理のあった試合だったが、辛口の米国メディアは、この試合をどう評価して、どう報じたのか。

 ロサンゼルス・タイムズ紙は、マクレガーが勢いのあるスタートを切った最初の3ラウンドに「(3ラウンドまでは)ボクシングにも格闘技にも見えなかった」と、注目。その上で、「4ラウンドからメイウェザーは強打を打ち始めて止まることはなかった。マクレガーがアザだらけになり、腫れ上がって、10回TKOで勝つまで、打ち続けることは十分予想された展開だった。どの点から見ても予想通りに馬鹿らしい試合だった。マクレガーのボクシングは滅茶苦茶で、メイウェザーのボクシングも少し鈍っていた。しかし、面白い夜だった。最終的にはボクサーがボクシングの出来ない者に勝った」と、表現した。

 メイウェザーの「私達はファンが見たいと思っていたものを見せた」というコメントと、マクレガーの「とてもいいファイトだった。面白かった。ボクシングの試合は格闘技の試合とは全く違った」と言ったコメントも取り上げた。

 同紙は、さらに「メイウェザーはプロボクシングを生涯で初めてやる者に対し、人が想像するようなことをきっちりとやった。ただ、皆が思ったよりも試合が少し長引き、最後は決まりが悪かった」と、予想以上にマクレガーが奮闘したことに触れ、総合格闘技UFCのダナ・ホワイト代表の「コナー・マクレガーはファイターであり、今晩、私達はれっきとしたファイトを見た。今日の一戦がこれまで見た中で一番かどうかはわからない。しかし、私達は“ファイト”を見た」というマクレガーを称えるコメントを紹介した。

 そして、予想通りの結果であったにも関わらず、この試合がエキサイティングだったのは最初の9分(3ラウンド)が理由だと述べ、「誰もが予想もしないことを望み、これまで見たこともないことを見るためにこの一戦を見た。そしてマクレガーは、まるで何の計画もなく、何をすればいいかわからないまま戦いを始めたストリートファイターのような姿を見せた」と、マクレガーのファイティングスタイルを評価した。

 同記事は最後に「リング上で(エンターテインメントを意味する)ハリウッドのようなことが繰り広げられた試合だった。試合とは、断言できない試合だった。ボクシングというよりも、毒舌や演出が先行した2か月に及ぶプロモーションのエンディングという方が合っていた。こういうもののために誰もがお金を払ったのではないのかも知れない。しかし払うだけの価値のあるものだった」とまとめた。
 つまり、試合前の煽りから含めて、ボクシングでも格闘技でもない「ショー」だったが、それはそれでチケットやPPV視聴料分の価値があったと評価したのである。

 ワシントンポスト紙も、「プロボクシングの経験がないマクレガーが10ラウンドまで粘った」とマクレガーの善戦ぶりを称賛した。
「マクレガーは、このファイトを面白いものとしたことを評価されるべきだ。早い段階での彼のどう猛な攻撃ぶりはファンや専門家を印象づけた」と、ボクシング初挑戦のマクレガーの戦いを評価した。

 さらに英国のBBCニュースでボクシングのコメンテーターを務める元格闘家のマイク・コステロ氏も「多くの人々は、『このファイトをメイウェザーは、50勝目に加算されるべきではない』と言っていた。しかし、私は、このファイトを終えて、この勝利は加算することができると言える。マクレガーは明らかに、自らを疑っていた者が間違いだったことを証明した。彼は自分が全力を尽くしたと確信して控室に戻っただろう。今日のファイトがボクシングの名誉を傷つけることは全くなかった。それは、我々がこの目で見たことから明らかで、マクレガーは、総合格闘技とボクシング間の転向が可能なことを証明した」とし、初のボクシング・マッチながら、無敗のボクサーに正々堂々と対抗したマクレガーの健闘ぶりを認めた。
 
 一方で、もっと厳しい論調もあり、ニューヨークタイムズ紙は、「試合内容は『マクレガーがメイウェザーにまともにパンチすることはできないだろう』というほとんどの専門家が言う通りになった。UFCの試合はもっと短く、マクレガーのスタミナも不安要素とされ、予想通りラウンドが深まると彼は疲れ、メイウェザーは簡単に攻めることができていた。マクレガーは、UFCで大スターであるけれど、ティーンエージャーの時以来、ボクシングをしたことがなく、プロボクシングの経験もなかった。これは、仰々しいパーソナリティを持った二人のファイトで注目を集めただけの正当な戦いというよりも見世物だった」と辛口に斬った。

 ロサンゼルス・タイムズ紙によると、このファイトでメイウェザーが得る額は3憶ドル(約330億円)を超え、マクレガーの収入は1憶ドル(約110億円)近くを得ることになるという。
 メイウェザー自身も、「36分間で3憶ドル(約330億円)や3億5000万ドル(約385億円)を得る機会を得て、なぜ受けないというんだい?」と話している。

 試合は、「ショー」「見世物」だったが、マクレガーの健闘により、案外楽しめるものになり、もっともビジネスとして大成功。ウハウハだったのは滞納した税金を払うことができるメイウェザーであり、大金にプラスして勇者の栄誉も受けることになったマクレガーだったのかもしれない。