FC東京のMF高萩洋次郎、本戦行きを懸けた一戦にも「普段通りのプレーをすることが大事」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は27日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを行った。

▽練習終了後、MF高萩洋次郎(FC東京)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対した。大きな一戦に対して「自ずとモチベーションは上がる」と気を高ぶらせながらも、普段通りのプレーをすることが大事だと主張している。

◆MF高萩洋次郎(FC東京)

──前回はUAE代表戦を前に負傷離脱で悔しい思いをしたが、そこを踏まえて期することは

「負傷という悔しい思いをしたが、もう一度チャンスをくれた。しっかりとプレーしたいと思っている」

──選手の組み合わせやバリエーションについて

「一人一人の特徴は理解している。それを短い時間だが、練習の中で話し合っていきたい。一緒にやっていけば、お互い感覚というのは掴めると思う」

──あと勝ち点3でワールドカップ出場を決められる。しかし、相手はオーストラリア代表。中盤のバランスの考え方は難しいと思うが

「失点しないことが重要。出場すればチームのバランスだけは崩さないようにしたい」

──ご自身、ウェスタン・シドニーでのプレーもあるが

「知っている選手もいて、一緒にプレーしていた選手もいる。チームのスタイルについては多少理解している」

──勝てばワールドカップ本戦行きを決められるという試合に関われるやりがいは

「日本にとって重要な2試合なので、周りからもプレッシャーがかかると思う。そういう意識を持っていきたい」

──「大一番で物怖じしないタイプではなく、こういう試合だからこそやってくれそうな選手」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督は言っていたが

「その気持ちは大事。ただ、まずはいつも通りのプレーをすることを意識したい。気負いすぎずにリラックスしすぎなければ、おのずとこういう試合なのでモチベーションは上がると思う。空回りするということだけはないようにしたい」