秋のキャンプは思わず「どや顔」になる! この料理がおすすめ

写真拡大 (全6枚)

夏休みの思い出にキャンプに出かけた人も多かったのではないでしょうか。

自然を満喫し、太陽の下でできたてのご飯を食べる。そりゃもー、しあわせですよね。

夏は終盤になりましたが、キャンプはいよいよさわやかな秋の風を感じる季節に突入!

そこで、簡単なのにみんなに大うけまちがいなしのキャンプごはんをご紹介します。

じゃん! その名もワンポットパスタ。決して特別じゃありませんが、お鍋ひとつでサクサクできる一品です。

作り方は簡単。ミネストローネになる具材、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、ウインナをころころに切って、オリーブオイルで炒めたら…

水とホールトマト、白ワインを入れて、くつくつくつ。煮立ってきたらペンネをドサッと加え、ふたをしてペンネのゆで時間+2分を目安に煮れば、うまみエキスがたっぷりしみ込んだミネストローネ風ワンポットパスタの完成! 塩&粗びき黒こしょうをふって仕上げの調味をしたら、召し上がれー♪♪

トマト味は子どもに大うけ(白ワインのアルコールはとんでます)。おとなにはお酒のシメにちょうどいいやさしさです。

そしてこのパスタと相性抜群なのが、ちょっとワイルドなこれ。

アボカドときのこのグリル

作り方はとってもシンプル。半分に切り分けたアボカドとしめじをオリーブオイルで香ばしく焼きつけ、白ワインと塩、粗びき黒こしょうで調味。しめじがしんなりとしたら、レモンをギューッと絞ってあつあつをいただきます。あ、これも白ワインのアルコールはとんでいるのでお子さまも大丈夫ですが、入れなくてもいいですよ☆

おつまみによし、パンに大胆にはさんでかぶりついてもよし。うんまいんだー♪これが。

いろいろ腕をふるいたくなるキャンプごはんですが、パパッとできておなかが温まるごはんは人気もの。食べてるみんなの笑顔に癒され、きっと、たぶん、絶対に!「どや顔」になっている自分に気づきますよ〜。

さあ、コーヒー飲みながら、次のキャンプ計画立てましょう〜。

料理/ワタナベ マキ 撮影/澤木 央子 スタイリング/澤入 美佳 文/編集部・比留間
(『絶対おいしいキャンプごはん』(オレンジページ刊)