内田篤人がベンチ入りのウニオン・ベルリンがホームでビーレフェルトとドロー《ブンデスリーガ2部》

写真拡大

▽27日、ブンデスリーガ2部第4節のウニオン・ベルリンvsビーレフェルトが行われ、1-1の引き分けに終わった。シャルケから移籍加入した元日本代表DF内田篤人はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

▽ウニオン・ベルリンは開幕3試合で2勝1分け、ビーレフェルトは3連勝で第4節を迎えた。

▽試合は前半をゴールレスで終えると迎えた後半開始1分、ビーレフェルトが先制する。敵陣でハイプレスをかけたビーレフェルトは、ボックス内でパスを受けたボグルザマーがシュート。クロスバーを叩きながらも先制点を奪った。

▽先制を許したウニオン・ベルリンだったが55分に追いつく。左サイドを崩すと、ボックス内左でパスを受けたヘドルンドがグラウンダーのクロス。これをポルターが受けて落とすと、最後は走り込んだハルテルが豪快に蹴り込み同点に追いつく。

▽その後は互いにチャンスを作るも、スコアが動かずに試合終了。1-1の引き分けに終わった。

ウニオン・ベルリン 1-1 ビーレフェルト

【ウニオン・ベルリン】

ハルテル(後10)

【ビーレフェルト】

ボグルザマー(後1)