今日から軍団の下僕となる所存 #逗子猫日記

写真拡大

オレゴンから帰国しました。
今回初めてオレゴンのポートランド、セイラム、ユージーンと旅をしたが、そこに暮らす人の暖かさというか懐の深さに驚いた。例えば英語が拙い僕に対しても誰も嫌な顔せず接してくれるし、日食後に子ども連れの友人たちと合流しレストランに入っても、日本だったら子ども5人の団体となると少し躊躇する老舗のオイスターバーにも関わらず、皆フレンドリーでウエルカムな対応だったり。
ポートランドの良さって、ライフスタイルや食への意識なども素晴らしいが、何よりも多くの人が落ち着いた寛容なマインドを持っていることなのだろう。
レンタカーを借りず、トラムやUberで移動し、歩いて街を感じられたのが良かったと思う。そんな場所でしっかりと皆既日食を撮影できたのは、僕にとって今後に向けて素晴らしい体験となった。
留守の間、猫を飼ったこともないのに世話を快く引き受けてくれた友人に感謝します。
そして暑い中、悪さもせず留守番をしてくれた猫軍団にはリスペクト。それなのに、オレゴンで何匹も懐いている猫を見つけて抱っこまでしていた自分は、今日から軍団の下僕となる所存であります。
今日の逗子猫 #89 きいたろうとみく
>>逗子猫日記をもっと読みたい