エッチの時って、その行為ばかりに意識が集中しがちですが、ちょっとした言葉をコトの最中に挟んだら、さらにイイ感じで盛り上がることがあります。そこで今回は、ベッドで失敗しないためにも、エッチの時に言ったら効果的なフレーズとNGなフレーズを両方紹介することにします!

効果的なフレーズは!?

超気持ちイイ!

男は、自分のエッチのテクニックに自信を持ちたいとは思っているものの、実際にはナカナカそういう訳にはいきません。

あなたが、ベッドで悪くない反応を示していたとしても、イマイチ確信が持てなかったりするんですよね。

そんな時に、あなたが「超気持ちイイ〜!」と思わず声を上げたり、エッチが終わった後に「すごい感じちゃった」と言ってくれたりしたら、男の“自信のタンク”が満杯状態に!

自信をつけた彼が、ますますベッドで頑張ってくれるようになるはずなので、「見たら分かるでしょ」なんて思わずに、どんなに彼とのセックスが気持ちがイイかを、きちんと伝えてあげてくださいね。

相手の体やテクを褒める

付き合いが長いカップルでも、「最近ちょっと太ったかな〜」とか、自分の体型をパートナーがどう思っているか、自意識過剰になることってありますよね。

そんな、彼の心配ごとを吹き飛ばして自信をリブートさせるには、あなたの褒め言葉が一番!

エッチの最中に、「すごくカッコいいよ」とか「この腕の筋肉が好き」とか、彼の体で素敵だと思う部分やエッチのテクニックを褒めてあげましょう。

人間って、自分を称賛して承認してくれる人に好意を抱き、心惹かれる傾向があるので、あなたが彼を褒めれば、さらに彼もあなたに魅力を感じてくれるはずです。

言うべきではないNGフレーズ…

まだ終わらないの?

エッチの時間が長くなると、女は痛みを感じることもあって、「早く終わらないかなあ〜……」なんて思ってしまうことがあります。

そんな時に、つい「まだ終わらないの?」という言葉が口をついてしまうことがありますが、これって、いかに「あなたがエッチを楽しんでいないか」を証明しているようなフレーズです。

彼の心も体も撃沈してしまうので絶対に言ってはいけません。

不満気な溜息

言葉にはなっていなくとも、不満気な溜息も大きくNG。

あなたが快感を感じる前に、ものの数分で彼がフィニッシュしてしまったとか、頑張ってくれても、あなたがダメなことって、セックスでは起こりうることです。

その時のお互いの体調によって、エッチの良し悪しが決まることもあるので、たとえ今回がイマイチな結果に終わったとしても、毎回そうだとは限りません。

なので、彼への見せしめのようにネガティブ感満載の溜息などついて、その場の空気を冷めさせないように気を付けましょう。

いかがでしたか!?

何気ないフレーズで、ベッドがアツ〜く盛り上がることもあれば、ちょっとした一言で、寝室に冷たい木枯らしが吹き荒れたような状態になることもあります。

効果的なフレーズと言ってはいけないフレーズを、しっかりと頭に叩き込んで、ベッドで使い分けられるようにしてみてくださいね!