槙野が清水戦「上手く守れた」 豪州戦、長友の代役起用に向け「ベテランらしく…」

写真拡大

決戦の31日オーストラリア戦に向け中3日、今回はサイドバック選出

 浦和レッズの日本代表DF槙野智章は、27日のJ1リーグ第24節での敵地清水エスパルス戦にフル出場。

 チームが2-1の逆転勝利を飾り、代表合流前のラストマッチで弾みをつけた。

 清水は浦和の槙野のサイドに張り出したMFミッチェル・デュークへのロングボールを多用し、マッチアップするMF菊池大介との身長差を生かした攻撃を組み立てた。槙野はセカンドボールへの反応とカバーリングに力を割く試合になったなか、CKから清水DF角田誠に競り負けて失点したものの、流れのなかでサイド突破は許さずにゲームを終えた。

 ゲームを終えた槙野は「今日は勝つことが大前提というゲームの中で、大事だったのはセカンドボール。上手く守れたと思う。まずはチームを大事にしなければいけないなかで、監督交代などもあったけれども、公式戦でも勝利を重ねて上向いている。そうしたものを整理して代表に向かっていけることについて、チームメートに感謝しないといけない」と話した。

 決戦の31日のオーストラリア戦へ向けて中3日となるが、今回はサイドバックでの選出。インテルのDF長友佑都が現地時間26日のゲームで足を痛めて自ら交代を訴えたこともあり、昨年10月に敵地で1-1の引き分けに持ち込んだオーストラリア戦で左サイドバックを務めた槙野の存在はクローズアップされる。

 バヒド・ハリルホジッチ監督が「フィジカル的な戦い」と「高さ」というキーワードをメンバー発表会見でも話しており、槙野の起用も十分に考えられる状況にある。

「僕も30歳になったので…」

「(長友の)ニュースは見ました。どうなるか分からないですけど、酒井宏樹選手、酒井高徳選手、僕がいます。サッカー人生でもなかなかないプレッシャーのかかるゲームだと思うし、気迫と覚悟が必要なゲームになると思う。アウェーの難しいなかで試合に出た経験はプラスになると思うし、勝てばワールドカップが決まるというプレッシャーを楽しいと思うくらい、ムードメーカーとも言われますけど、僕も30歳になったのでベテランらしくまとめて引っ張っていきたい」

 槙野はオーストラリア戦へ向けてこう話した。長友が日本に向かっているものの、ドクターの診断次第では出場が難しい可能性もある。また、海外組にとってシーズン開始から間もない状況で迎える高温多湿の日本は、ホームとはいえ簡単な環境ではない。

 それだけに槙野は「怪我を抱えている選手やコンディションを考えれば、国内組の方が海外組より状態が良いかもしれない。中3日ですけど、良い状態を作っていきたい」と意気込んだ。ゲームを終えた清水から埼玉に戻る槙野は、そのまま代表チームに合流する。ハリルジャパンの迎える大一番で、槙野が最終ラインのカギを握る存在になるかもしれない。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images