犬がリラックスしている時のサインを知ろう!

人間がリラックスしている時と犬がリラックスしている時の様子は、似ているものもあれば少し違うものもあります。
今回は、そんな犬が見せるリラックスしている時のサインをご紹介していきます。犬がリラックスしている時に見せてくれるサインを理解すれば、愛犬がどんな時にリラックスできているのかや、どんな時はリラックスできていないのかなどが分かるようになります。愛犬のリラックスできるポイントを掴んで環境改善に取り組めば、愛犬からより多くの「リラックスサイン」を受け取れるようになるでしょう。
ではさっそく、順に5つの表現を見ていきましょう!

表現1:口を開ける

穏やかな目で、口角を少しあげて口を開けている時はリラックスしています。大好きな飼い主さんの側にいる時や、お気に入りの場所でまったり過ごしている時にも見られるでしょう。また、ハァハァと呼吸が荒いときにも口角を上げて口を開けていますが、これはリラックスしているのではなく「暑い」や「苦しい」ことを表すので注意して見てあげましょう。

表現2:おへそを見せて寝ている

通称「へそ天」と言われるスタイルでぐっすり眠っている時はありませんか?急所であるお腹を見せながら寝るということは、「ここは安全な場所だ」と安心しきっています。ワンちゃんがへそ天ができるということは幸せな証でしょう。

表現3:体をくねらせて、尻尾を振っている

これは大好きな人や犬に対して行う仕草です。溢れ出る嬉しさを全身で表現し、とても幸せな気持ちになっています。幸せな気持ち=リラックスしている、と考えるとこちらもあてはまると言えるでしょう。

表現4:笑顔で耳を伏せている

「うれみみ」なんて呼んだりもしますが、嬉しい気持ちや幸せな気持ち、とてもリラックスしている時に見せる仕草です。しかし、警戒したり怖がっているときにも「耳を伏せる」ので、状況や犬の表情をよく見て判断して下さい。

表現5:お尻をくっ付けて寝る

犬にはお腹以外にも急所があり、それは「後ろ足」です。野生の世界では、後ろ足を怪我したり使えなくなってしまうと、敵や危険から素早く逃げることができずに死んでしまうので、特に後ろ足を守ることが大切になってきます。休む時には仲間や盾になるものにお尻をくっ付けて寝るそうです。その習慣により、飼い犬でもリラックスして休む時や寝る時には、飼い主さんや壁などにお尻をくっ付けて眠ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?犬がリラックスしているときに見せる表現を5つ見てきました。あなたの愛犬も見せる仕草はありましたか?
お互いにリラックスできる関係というのはとても大切ですよね。愛犬がこの記事で挙げたような仕草をたくさんしてくれるように、私たちもリラックスできる環境作りをしていきましょう!