みなさんがこれまで付き合ってきた彼氏のタイプって、少なからず似ているところがありますよね。たとえばおしゃべり好きでアウトドア派なタイプが好きな人は、これまでそういった男子と多く付き合ってきたかと思います。ところが時に、これまでとはまったく違うタイプを好きになることってありますよね。今回は、そんなあなたにとっては“未知”である、シャイな彼とデートする前に知っておくべき5つのことをご紹介したいと思います。

質の高い静かな時間を過ごせる

ぺらぺらとムダな話をしたり、大げさなリアクションをすることの少ないシャイな彼と付き合うと、質の高い静かな時間を過ごせるのです。たとえば仕事でとてつもなく疲れて帰ってきたときに、自分とはまったく違うやたらと高いテンションで話しかけてくることもなければ、こちらが話したいことの腰をおることもありません。ゆっくりと話を聞いてくれたり、何も言わずに抱きしめてくれたりとリラックスした時間を過ごすことができます。

何も話さないからと言って怒っているわけではない

女子でも男子でも普段は騒がしいのに、怒ると沈黙を貫くタイプっていますよね? そういうときはこちらも「え? なにか悪いことしたかな?」と不安になるもの。しかしシャイな彼との場合、その沈黙は決して怒っているからではないのです。自分の世界に入り込んで頭の中で別のことを考えているだけだったりするのです。

メールではよく会話する

よくあるパターンが直接会っているときにはあまりおしゃべりをしないのに、メールだと饒舌になるシャイボーイたち。好きな人を目の前にすると緊張からなかなか話すことが思い浮かばかなかったりすることも多い彼らでも、メールになるとサクサクとアイデアが浮かんでくるということも多いのです。

突然思いもよらぬ質問をしてくる

シャイな彼らの多くは自分から話すよりも利き手側に回ることが多いので、とてつもなく聞き上手なことが多いです。そのため、あなたがなんとなく話したこともしっかりと真剣に聞いているので、思いもよらぬ難しい質問をしてくることも。例えば将来について適当に話したことでも彼は真剣に捉えているということも多いので気をつけたほうがよさそうです。

あなたの友達への印象がよくないことも

街でばったりあなたの友人にでくわしたり、またはあなたが友達と飲んでいるところに彼を呼んだりしても、新しく会った人たちとすぐに打ち解けることができない彼。そんな彼は、あなたの友達にいい印象をもってもらえないことがあったりすることも。フレンドリーではないがゆえに、冷たい人と思われてしまうことも多いので、あなたのフォローアップが必要であるということを覚えておいてください。