初招集のC大阪FW杉本健勇、“大一番”豪州戦で「力になりたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は27日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを行った。

▽練習終了後、FW杉本健勇(セレッソ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。出場した際のイメージや求められるプレーについて言及した。また、この大一番に招集されたことに「力になりたい」と本大会行きの切符獲得貢献を誓った。

◆FW杉本健勇(セレッソ大阪)

──プレーのイメージは

「戦術面は慣れないといけない。自分は入るとしたら一番前のポジションだと思う。ゴール前でのプレーが一番重要になってくる。要求というところはしていかなくてはいけない。そこでの仕事が一番求められていると思う。オーストラリア代表もフィジカルが強いと思うので、そこでまず負けないようにしなくてはいけない」

──セレッソ大阪では常に先発出場。代表では途中出場からの可能性もあるがイメージは

「昨シーズンからずっと先発出場だったので、最近あまり途中出場はない。ゴール前での仕事は大事になってくる。それ以外でも球際の部分やフィジカルの部分も大事になる」

──オーストラリア戦ではセットプレーでの守備も相手のターゲットマンのマークを務めることもあると思うが

「オーストラリアはセットプレーが強くて点も取っている。ただ、それは自分もセレッソでもやっているので力になりたい」

──もちろんゴールを狙っているか

「欲しいですけど、チームが勝つことが一番大事。そこに集中したい」

──改めて今シーズン結果が出てきている理由は

「駆け引きという部分は徐々に良くなっている。ただ、それよりもチームメイトが良いボールをくれているというのが一番大きい」

──一度、国内合宿に呼ばれてそこからなかなか招集されなかったが

「ずっと目指していた場所だった。合宿に呼ばれながらも招集されなくてずっと悔しい思いをしていた。ただ、この大一番で代表に来ることができたので、力になりたい」