好きな人といつも友達止まりのあなた! どんなに仲良くなっても一度貼られた“友達というレッテル”を取り消すことは困難を極めます。そうなる前に先手必勝! つぶやくだけで……相手が勝手に“恋を意識してしまう”一言、知りたいでしょう? むしろ知らなかったから、いままで友達止まりだったんです。この機会に全4パターン覚えてくださいね。

恋人になりたいなら、壊してはいけない壁がある!

距離を縮めたいからと言って、なんでもかんでも近づけばいいというわけではありません。恋人になるために「壊してはいけない壁」があることをご存じですか? その壁とは、“異性”を意識させる男女の壁のことです。

男女の垣根をこえて仲良くなっていいのは、将来結婚したダンナさまだけにしましょう。恋をしたいなら絶対に男女の壁は壊してはいけません。

それを肝に銘じたところで「彼が秒で胸きゅんする4つの言葉」をご紹介していきます。

(1)(冗談ぽく)彼女候補に入れてくれる?

つまりは、「わたしはあなたを恋人候補として見てるよ〜!」と、わりとデッドボールすれすれの直球で伝えてしまうのがこの言葉です。

これを言われた相手は、この瞬間から異性としてあなたを意識するようになります。

(2)〇〇くんのそういうとこ、嫌いじゃないよ!(むしろ好きだよ!)

これも告白スレスレの……、しかし直接的じゃないもどかしさを感じる一言です。

ポイントは、「そういうとこ」と部分的に好きだということを伝えて、相手に“そんなこと言って俺の全部が好きなんだろ? そうだよね?”と妄想させることができます。

(3)私、男女の友情は信じない派だよ!

初期段階だけでなく、そこそこ仲良くなっている状態でも使える言葉です。使われた相手からすると「え? 今仲良くしてる俺は?」「なに? 俺のこと好きなんかー?」

彼がかすれた声で「俺との関係は……?」なんて聞いてきたときには……思わずニヤリと笑わないように!

(4)デートしようよ or デートっていいね!

2人で出かけることになったときや、飲みに行ったときに不意に「デート」という単語で相手を意識させることができます。

「俺はただの飲みのつもりだったけど……」「デートだったのこれ? マジで?」

お酒も入っていれば、急速な進展も考えられますからそこは慎重に! 自己判断で!

いかがでしょうか?

“友達止まりで終わらせない”ための4つの言葉をご紹介しました。仲良くなっているのに友達止まりで終わるということは、相手と気がおけない状態になったということです。

それ自体はすばらしいことですが、恋愛で考えると異性を感じさせることが少ないのかもしれません。

その部分を気を付けて好きな人に接すればきっと反応が変わるはずです。