[8.27 J2第30節 熊本0-1岡山 えがおS]

 ファジアーノ岡山がロアッソ熊本を1-0で下し、5試合ぶりの白星を飾った。敗れた熊本は4試合白星なし(2分2敗)となった。

 FWオルシーニと起点に攻め込む岡山は前半28分、ハーフェーライン付近でボールを受けたオルシーニが相手をかわして左サイドを突破。PA左脇から中央に折り返し、FW豊川雄太が左足で狙うが相手DFのブロックに阻まれる。それでもアディショナルタイム1分、左からDF喜山康平の横パスをペナルティーアーク手前で受けたオルシーニが華麗なターンから右足を振り抜く。これがゴール左隅に吸い込まれ、1-0で前半を折り返す。なお、オルシーニは移籍後初ゴールとなった。

 後半も岡山はオルシーニを中心に攻め込む。一方の熊本は13分にMF木村祐志を下げてFWモルベッキを投入。だが、なかなかチャンスを作れないでいると、岡山に決定機が訪れる。20分、オルシーニがヘッドでPA内につなぎ、FW伊藤大介が胸トラップから右足を振り抜いたが、GK畑実がファインセーブ。追加点とはならなかった。

 さらに岡山は後半36分、MF石毛秀樹の右CKからDF片山瑛一がヘッドで合わせたが、クロスバーを直撃。対する熊本は37分、DF小谷祐喜に代えてFWグスタボを入れ、岡山の攻撃を崩しにかかる。終了間際には、FW巻誠一郎もピッチに送り出したが、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第30節2日目 スコア速報