初ゴールを17歳10カ月で決めているメッシ

写真拡大

再びレオ・メッシがスポットライトを浴びている。ルイス・スアレス(怪我)とネイマール(PSG移籍)を欠く中、メッシがバルサの攻撃を牽引している。

【ハイライト動画:FCバルセロナ対アラベス】

メッシはリーガ戦での350ゴール目を達成している。2014年11月22日にテルモ・サラ(アスレティック・ビルバオ)の251ゴールを抜き去ってから、わずか3シーズンでさらに100ゴールを決めている。

今シーズンに入ってバルサでゴールを決めているのはメッシだけである。スーペルコパ・デ・エスパーニャでPKを決め、サンティアゴ・ベルナベウでもゴールを決めていてもおかしくなかった。

■2005年からの数字
メッシは最初のゴールを2005年5月1日にカンプ・ノウで行なわれたアルバセテ戦(2-0)において17歳10カ月8日に決めている。

メッシは350ゴールをリーガ戦で決めており、ホームで200ゴール、アウェイで150ゴールという内訳である。最もメッシにゴールを決められたチームはセビージャ(23)、アトレティコ・マドリード(22)、オサスナとバレンシア(21)の順になっている。

10ゴール以上決められているチームにはデポルテーボ・ラ・コルーニャ(17)、レアル・マドリードとラージョ・バジェカーノ(16)、レバンテとエスパニョール(15)、アスレティック・クラブ(13)、ヘタフェ、ベティスとラシン・サンタンデールとレアル・ソシエダ(12)、ビジャレアルとマヨルカとアルメリアとマラガとグラナダ(11)と続いていく。

■ゴール詳細
350ゴールを達成しているメッシだが、PKによるゴールが46ゴールとフリーキックでのゴールが19ゴールである。それ以外の285ゴールは流れの中から決めている。

メッシにとって2011-12シーズンが最高のシーズンであり、1シーズンで50ゴールを決めている。また、その翌シーズン2012-13は46ゴールを決めている。そして、2009-10、2011-12、2012-13、2016-17と4度得点王に輝いている。

メッシに最も多くのハットトリックを決められたのはレアル・マドリード、バレンシア、アトレティコ・マドリード、ラージョ・バジェカーノ、マラガ、グラナダ、デポルテーボ・ラ・コルーニャであり2度決めている。また、テネリフェ、サラゴサ、アルメリア、レバンテ、エスパニョールは1度ずつハットトリックを許している。