アスレティック・ビルバオ、New Balanceの2017-18新ユニフォーム!

写真拡大 (全9枚)

2017年からは新たにNew Balanceのユニフォームを着用するアスレティック・ビルバオ。

先週末に開幕したラ・リーガ第1節では、柴崎岳が所属する昇格組のヘタフェとホームで対戦。試合のペースを握るも決定力を欠き、0-0のスコアレスドローに終わった。

クラブ史上初となるNew Balanceとの契約期間は、2017年から2023年までの6年間。その最初のユニフォームとなる2017-18シーズンモデルは、7月3日にホーム、アウェイ、サード、ゴールキーパーの各ユニフォームを一斉に発表した。

Athletic Bilbao 2017-18 New Balance Home

メーカー変更に伴い、基本デザインまで変わってしまうことはよくあるが、アスレティック・ビルバオに関しては伝統に忠実なレッド/ホワイトのストライプをベースに、良い意味で以前と同じような雰囲気を残している。

背面のネームナンバースペースは、ストライプではなくホワイト一色。首元にはお馴染みのイクリーニャ(バスク州旗)が付いている。

パンツはブラックで右裾にエンブレム入り。ソックスはレッドで、チーム名とメーカー名のグラフィック入りとなっている。

Athletic Bilbao 2017-18 New Balance Away

Umbro時代の2012-13シーズンモデル以来となる、ほぼブラック一色のアウェイキット。この色のアウェイ(またはサード)キットは、2015-16シーズンのブラック/グレーのツートンカラーを含め、その数は少ない。

肩のラインにはレッドを配し、袖口にはレッド/ホワイトのチームカラーで彩った。ホームキットと同じく背面首元にはイクリーニャが付いている。

パンツはグレーで、右裾にエンブレムを取り付け。差し色のブラックとレッドがアクセントになっている。ブラックのソックスはメーカー名とチーム名のグラフィック入りだ。

Athletic Bilbao 2017-18 New Balance Third

サードキットはブルーを基調に、センターには大胆にホワイトのストライプを配した。

この2色はたびたび使われるが、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を初優勝した1902-03シーズンのホームキットは、ブルー/ホワイトのツートンカラーだった。

パンツはブルーで、ソックスはホワイト。徹底して1903年当時の色でまとめている。 

7月3日の新ユニフォーム公式発表は男子チームのみならず、女子チームの選手もモデルで登場した。