癒しの音楽として注目されるヒップホップ

写真拡大

著:Alexander Crooke(メルボルン大学 Postdoctoral Research Fellow in Music Therapy)、Raphael Travis Jr.(テキサス州立大学 Associate Professor of Social Work)

 2016年5月、ラッパーのT.I.のコンサート会場で死者を出す銃撃事件が発生し、当時のニューヨーク市警本部長ウィリアム・ブラットン氏は、この事件はラップという音楽と文化に起因していると決めつけた。銃規制というより広範な問題には触れず、「ラップ・ミュージシャンどもの狂った世界」は「基本的に暴力を歓迎している」とブラットン氏は指摘した。

 ヒップホップ文化とラップ(ヒップホップ音楽を通して普及した歌唱方法)には、かれこれ40年以上ネガティブなイメージがつきまとい、ブラットン氏のような多くの人々に神への冒とく、女性蔑視、暴力、犯罪といった先入観だけを植え付けてきた。アメリカの検察官連中は、ラップの歌詞は犯罪の脅威だというレッテルを貼り、ヒップホップが子どもに及ぼす有害な影響に関する研究が数多く行われている。

 ヒップホップの歌詞の内容が直接的で、暴力への賛美、薬物使用、性差別を含むものが多いことは否定できない。多くの人々が、神への冒とく、物質主義、メインストリームのラップ音楽でもてはやされている危険なメッセージにばかり目を向けるが、ヒップホップ文化は根本的に、社会正義、平和、敬意、自尊心、仲間、楽しむという価値観の上に成り立っている。そして、その価値観が評価され、ヒップホップは今、若者向けのセラピーのツールとして注目されつつある。

 スクールカウンセラーや心理学者、ソーシャルワーカーは、メンタルヘルス対策にヒップホップを標準オプションとして取り入れることを促進している。実際、ケンブリッジ大学の「ヒップホップ心理学(hip hop pysch)」なる精神分析医グループでは、ヒップホップが研究の中心となっており、メンタルヘルス向上のツールとしてヒップホップを活用している。ラップを「音楽セラピーの完成形」とする向きもある。

 ニューヨークで誕生したヒップホップ文化は今や世界的な現象で、ヒップホップシーンが何らかの形で存在しない国を探すのは困難だろう。このヒップホップの新しい波の原動力となっているのはふたつの要素だ。第一の要素は、ヒップホップをフォーブス誌の長者番付で独立したカテゴリを持つ世界で最も影響力のある産業のひとつにまで押し上げた、商品としての文化の商業化だ。

 第二の要素は、ヒップホップが親しみやすく人々の生活に根差した音楽であり続けていることだ。簡単に言えば、ビートを刻むのは口(ヒューマンビートボックス)か学校の机でいいし、歌えなくてもどんなことでも歌詞にしてつぶやけばいいのだから。低価格で手に入る音楽制作ソフトウェアとハードウェアの急増によって関与できる範囲が広がり、柔軟な創造が可能となり、起業の道も開けた。

 世界各国で社会から疎外されたコミュニティが共鳴しているのは、社会的排除や差別に抵抗し、平等と正義のために戦うヒップホップの精神だ。ビートや詩的な歌い方が好きなだけという向きもある。ビートやリズム以外にも、B-GirlやB-Boyのダンス、DJのスクラッチやミックス、グラフィティ・アーティストの絵や文字など、いろいろ楽しめるものがある。MCやラップと合わせて、これらがヒップホップの基本的な4要素で、5つ目の要素は「Knowledge of Self」(自己認識や社会意識への欲求)だ。

 このとっつきやすさと門戸の広さが、若者に対する効果的なセラピーのツールとしてヒップホップが受け入れられる所以だ。大抵の人が心地よく感じるスタイルはクライアントとセラピストのラポール(信頼関係)を築くきっかけとなり、歌詞の内容は自分自身を見つめ直し、学び、成長するための手段となる。既存の曲を分析するにせよ、新しいコンテンツを作るにせよ、ヒップホップの曲にはさまざまなテーマが込められているので、セラピストは口にしづらい話題に触れることができる。

 繰り返しが多く予測しやすいヒップホップのビートは、特に作曲中や即興でパフォーマンスするときに、安心感をもたらすとも言われている。このことは、音楽の関与と自己統制を結びつける研究によって裏付けられており、規則性や安全性に乏しい日常を送る人々に信頼感を与えるとセラピストは推測している。

 アメリカを拠点にした研究で、トラヴィス博士は、ネガティブなイメージにもかかわらず、ヒップホップを聴く人の多くは自己とコミュニティの啓発の強力な要因としてヒップホップをとらえていることを示した。具体的に言うと、対処、感情、アイデンティティ、個人的成長の分野における個人のメンタルヘルスによい効果があると、コミュニティにおけるレジリエンス(精神的な回復力)が促進されるのだ。

 オーストラリアの学校で、クルック博士は、多様な背景を持つ学生にとってより広いコミュニティ、学習課題、そして学校により広く関わるためのポジティブな手段がヒップホップであることを発見した。博士はまた、最近の(未発表の)研究で、反抗的、まったくやる気がない、除籍の危機にあるとされる若者向けの短期集中ヒップホップ&ビートメイキング講座の効果について詳しく調査している。

 研究の結果、学生たちは熱心に講座で学んだだけでなく、ポジティブな自己表現を見せ、指導者たちと深いラポールを築き、互いの社会的なつながりを強めたことがわかった。

◆ヒップホップは自分を表現するための手段
 1970年代のサウスブロンクスのギャング文化と暴力、そして、日常的な貧困、人種差別、人種排斥、犯罪、暴力、軽視への反動として誕生したヒップホップ。それがレジリエンス、理解、コミュニティ、社会正義を体現し尊重するのは必然だ。

 しかし、ヒップホップの課題はこのような困難な状況をいまだに解決していない。依然として、世界中の多くのコミュニティが差別、分離、不当な扱いと戦っている。ヒップホップはしばしば、このような生きた体験に対する影響力のある発言として用いられる。クリエイティブな黒人やラテン系の若者が自分たちの生活や身の周り、そして、自分たちが身を置くより広い社会環境の現実を反映したアートを作ることができたのも、ヒップホップが本来持つ根本的な力によるものだ。「自分を表現する(Express Yourself)」ために基本的人権を最大限に活用していると、アメリカのヒップホップグループN.W.A.はかつて語った。

 ヒップホップの誕生から40年が経った今でも、多くの若者が同じことをしなければならないのが現状だ。

 ヒップホップは万能薬でも治療法でもない。完璧ではないが、ヒップホップが持つ可能性は否定できない。ヒップホップは、複雑な社会的かつ歴史的ルーツを持つ文化だ。その事実を認め、敬意を払って取り組むのでなければ、ヒップホップを使うべきではない。このルーツがあるからこそ、ヒップホップはこれほどまでに重要なのだから。その複雑な歴史ゆえに、私たちはこの社会を批判的に省みることができ、否応なしに人種、基本的人権、社会階級、文化の盗用といった問題に正面から向き合うことになるのだ。

 平等、正義、寛容、批判的な市民参加が現代社会において急務であることを踏まえ、私たちはヒップホップ文化に対する偏見を疑わなければならない。おそらくそれは、いま私たちが生きる世界で最も重要で寛容なムーブメントのひとつだ。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by Naoko Nozawa