築34年の日本家屋に住む仁藤美樹さんは、DIYの達人。2010年に編集部で主催した「収納インテリアグランプリ」で準グランプリ賞を受賞したことがきっかけとなり、さらにDIYの腕に磨きをかけたと言います。ESSEでは再び仁藤さんのお宅を訪問。そこには、木製家具をDIYでアレンジし今っぽさいっぱいの、温かみのある空間が広がっていました。古い日本家屋のよさもDIYの楽しさも生きる、レトロな雰囲気が心地よいインテリアを拝見!築34年の日本家屋に住む、仁藤さんのDIYアイデア

年月を重ねた日本家屋を楽しく快適にするために、DIYを駆使している仁藤さん。そのワザあり作品を紹介します。●明るい色のパイン材の机はオイルステインで風合いを


子どもの勉強机は無印良品で購入。「そのままだと明るすぎて歳月を重ねた家の雰囲気にはちょっと合わないので、オイルステインを塗って、アンティークのような風合いに。イスは、机に合うように手づくりしました」。●縁側から出入りする子どものためにゲタ箱を設置


緑がいっぱいで気持ちいい庭に面して、昔ながらの縁側がある仁藤さんのお宅。縁側からリビングダイニングへとアクセスできることもあって、子どもたちは玄関を使うことなくこちらから出入りします。

「使いやすいようにゲタ箱をDIYしてみました。扉にちょうつがいをつけたので開閉も簡単。色は縁側に合わせて、テイストに統一感を出しました」。●昔ながらの暗い玄関も白板で軽やかなイメージに


もともとは砂壁やタイルの床が暗い印象だった玄関。仁藤さんは、白い板で覆って軽やかな空間に変身させました。「白いゲタ箱もDIYしています。靴の数に合わせて大きめにつくりました」。●庭の手づくり棚にはお気に入りのグリーンをディスプレー


ガーデニングが趣味の仁藤さん。白い外壁に木箱でつくった棚を取りつけ、グリーンをディスプレイ。「第2のリビングとしても楽しんでいる庭の生活が、ますます居心地よくなりました」。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>