浦和が清水との“サッカー王国対決”制す! 前半失点も堀体制リーグ無敗継続の3連勝

写真拡大

同カードに日本平開催は09年ヤマザキナビスコカップ以来8シーズンぶり

 浦和レッズが逆転勝利で堀孝史監督体制のリーグ無敗継続となる3連勝を飾った。

 27日のJ1リーグ第24節で清水エスパルスとのアウェーゲームに臨んだ浦和は、前半に先制を許したものの後半の2ゴールで逆転。2-1の勝利を収めた。

 このカードが日本平スタジアムで開催されるのは、2009年のヤマザキナビスコカップ以来8シーズンぶり。FWチョン・テセとFWチアゴ・アウベスを欠く清水は、187センチの長身FW長谷川悠と163センチのFW金子翔太の身長差24センチの2トップを組んだ。浦和は左足内転筋肉離れで離脱のMF柏木陽介のボランチにMF矢島慎也を、右ウイングバックにはMF梅崎司をいずれもリーグ戦初スタメンで起用した。

 試合は浦和ペースで立ち上がり、矢島がその才能を見せた。前半7分、DFマウリシオからのショートパスを受けてターンすると、FW興梠慎三にピタリの絶妙スルーパスを供給。興梠がペナルティーエリア手前で倒されてゴールに至らなかったが、そのFKを任せられたのも矢島。意表を突いた壁の下を通す鋭いシュートを放ったが、壁の後ろにカバーに入ったDFにはじき出された。浦和は柏木不在の影響を感じさせず、リズムよくゴールに迫っていった。

 清水は右MFのミッチェル・デュークを空中戦のポイントにシンプルな攻撃を仕掛けた。そうしたなかで同30分、右CKを得るとMF枝村匠馬のキックに対し、DF角田誠が浦和DF槙野智章のマークを上手く外してヘディングでゴール。ホームの清水が1-0の先制点を奪った。

 終始押し気味にゲームを進めた浦和だったが、枠外シュートが目立ちゴールはならず。前半は清水の1点リードでハーフタイムに突入した。

遠藤、R・シルバのゴールで逆転

 後半に入っても攻撃の最終局面で精度を欠いた浦和だったが、こちらもセットプレーの流れでスコアを動かした。後半19分、CKの二次攻撃で左サイドからFW武藤雄樹が中央にボールを入れると、攻撃参加していたDF遠藤航が左足シュートを決めて1-1の同点に追いついた。

 勢いに乗った浦和は同25分、選手交代で左サイドにポジションを移した梅崎が中央の興梠に浮き球のパスを通すと、背後からのプレッシャーを受け止めてキープした興梠は後方にパス。そこに走り込んだFWラファエル・シルバが左足シュートを決めて2-1と逆転に成功した。

 浦和は同31分、足をつった矢島に代えてMF長澤和輝を投入。専修大学からブンデスリーガのケルンに渡り、昨季は浦和から期限付き移籍でJ2ジェフユナイテッド千葉に所属していた長澤は、これがJ1初出場になった。

 反撃に出たい清水だったが、残り時間も浦和にボールを支配されて攻撃の手数を増やすことはできず。このまま浦和が2-1で逃げ切り、清水との“サッカー王国対決”を制してリーグ3連勝。堀監督体制ではリーグ4戦無敗を継続した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開された「清水×浦和」全3ゴールハイライト

https://www.youtube.com/watch?v=1EVx4MILyXU

前半30分、清水DF角田誠の先制ゴール

https://www.youtube.com/watch?v=GD8-6KSAFVU

後半19分、浦和DF遠藤航の同点ゴール

https://www.youtube.com/watch?v=l7Z7HjWRQWI

後半25分、浦和FWラファエル・シルバの勝ち越しゴール