「とても静かだった」 モウリーニョ監督、開幕3連勝もマンUサポーターに“毒舌”炸裂

写真拡大

岡崎擁するレスターに2-0で勝利、3試合で10得点0失点と文句のつけようのないスタート

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間26日に行われたホームでのレスター・シティ戦を2-0でモノにし、開幕3連勝を飾った。

 “赤い悪魔”は3試合で10得点0失点と文句のつけようがないスタートを切ったが、ジョゼ・モウリーニョ監督はスタジアムに足を運ぶサポーターについて一家言を持っているようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 ユナイテッドは後半25分に途中出場のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決めると、同37分には同じく途中出場のベルギー代表MFマルアン・フェライニが追加点を奪い、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターに2-0で勝利を収めた。ホームのオールド・トラッフォードで文句なしの結果を手にしたように思えるが、モウリーニョ監督はスタジアムの盛り上がりについて物申している。

「私は先制点を見ていなかった。次に交代する予定だった(イングランド代表MFの)ジェシー・リンガードと話していたんだ。私が見た時にはボールがネットに収まっていて、みんなが飛び上がっていた。私が観客の姿を見たのはその時が初めてだったよ。彼らはとても静かだった」

 指揮官は記事でこのように語っている。

指揮官はサポーターの盛り上がりを感じず

 この日は7万5021人の観客がスタジアムに詰めかけていたが、モウリーニョ監督はそれほど大きな盛り上がりを感じていなかったと振り返っている。「スカイ・スポーツ」は、「レスター戦の勝利後、ジョゼ・モウリーニョはマン・ユナイテッドのサポーターに“とても静かだった”と毒舌を吐いた」と見出しを立てて報じている。

 終盤まで0-0で推移したということも影響したのかもしれないが、モウリーニョ監督にとってはこの日の観客は少し大人しすぎたようだ。快進撃を続ける「モウ・ユナイテッド」はこのまま白星を重ね、オールド・トラッフォードを今以上に熱狂させることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images