褒め上手な女性はモテるイメージがありますが、男性が実際に“褒め上手だな“と感じるのはどんな褒められ方をしたときなのでしょうか。男性を嬉しく感じさせるいい女の褒めエピソードについて聞いてみました。

文・上岡史奈

連携プレーで褒める

「先日合コンした女性陣が見事な連携プレーで男性陣を褒めて、持ち上げてくれたんです。聞き上手で、こちらの話を引き出して『すごい』『カッコイイ』『絶対モテるでしょ』などの相槌を打ってくれると、嬉しくなって全部奢ってあげたくなっちゃいますね」(29歳/制作会社勤務)

その場にいる女性陣全員がノリよく、褒めてくれるとさらに盛り上がるのだとか。合コンに場慣れした女子は、男性を褒めることにも慣れています。

男性も「この子男慣れしてるなあ」と思いつつも、褒められるといい気分になってつい気前も良くなってしまうそうですよ。定番ではありますが「すごい」「さすが!」「よく知ってますね!」などの合いの手をタイミング良く入れるのは効果的なようです。

下の名前+さん付け呼びで褒める

「知り合いの女社長がものすごく褒め上手なんです。しかも、すぐに人の名前を覚えて下の名前で呼んでくれるから、男はすぐにメロメロになっちゃうんですよね」(36歳/IT関連会社経営)

「飲み会などの初対面でも、サラッと苗字から呼び名を切り替えて『(下の名前)さんのシャツとネクタイの選び方、ステキですよね』なんて褒められたらもう、急に意識しちゃいます」(29歳/人材派遣会社勤務)

苗字で呼ばれることが多い男性は、下の名前で呼ばれるだけでドキドキ感が増すそうです。

名前で呼びながらさりげなく褒めることができれば、他の女性と差をつけられること間違いなしですね。

よく観察して褒める

「よく行く取引先の受付の子が、会う度に褒めてくれるのでそこの会社に行くのが楽しみになっています。この前もダイエットに成功したのに気づいてくれて『あれ、なんか痩せました? カッコよくなりましたね』って」(28歳/金属機器メーカー勤務)

「褒め上手な子って、お店選びのセンスなんかはもちろん、グラスが空いたときに素早くお酒を頼んであげたことなど小さいことまで気づいて、すごい!ありがとうございます!って褒めてくれるんですよね。沢山褒めてくれるので、嬉しくなっちゃいます」(25歳/映画配給会社勤務)

褒め上手な女性には、“人間が好き”“観察好き”な人が多いです。他人に興味がない女性は人の良いところを見つけるのがあまり得意ではなく、褒めることも苦手だったりします。

褒め上手になるにはよく男性を観察するところから始めてみましょう。

(C) ESB Professional / Shutterstock(C) Phovoir / Shutterstock(C) Monkey Business Images / Shutterstock(C) Andrei Mayatnik / Shutterstock