不安をパフォーマンス向上につなげる方法

写真拡大

私の心理療法所を訪れる人の悩みの中で、恐らく最も多いのが「不安」だ。その症状は特定の物に対する恐怖症から全般性不安障害(GAD)まで幅広く、多くの人はどうにかして心の不安を取り除こうと必死だ。

不安障害と診断はされないにしても、時に不安を感じることは誰にでもあるはず。スピーチをすることを考えてドキドキする、あるいは昇給交渉が怖くて手のひらが汗ばむなど、不安な気持ちは自然なものだ。

不安から自分を守るために、リスクを避けたり、自分が安心できる領域の中に留まったりする人もいる。不安は結局のところ苦痛であり、それを防ぐ簡単な方法は、不安を引き起こす事柄をすべて避けることだ。

だが、不安は必ずしも有害ではないことが、新たな研究によって示されている。むしろ、不安に正しく対応することで、自分のパフォーマンスを改善できる可能性があるのだ。

不安とは何か?

米国心理学会(APA)によると、不安とは「緊張や心配、そして血圧上昇などの身体的変化によって特徴付けられる感情」だ。症状は人によって異なり、感じる脅威の規模にも左右される。そのため、飛行機に乗ることを考えるとめまいがする人もいれば、良く知らない人をデートに誘おうとしてパニックになる人もいるだろう。

不安の目的

不安は、自身に危険を知らせるための自然で健全な感情だ。危険な状況に直面した人の中では、攻撃または逃避の反応が発動される。そのエネルギーの高まりが、自分の命を守る行動につながるのだ。

だが、大半の人は、命の危険がない時にも不安を感じる。仕事の面接に行く、自分の意見を主張する、スピーチをするなど、生きるか死ぬかの問題ではない行為でも、まるで崖に片手でぶらさがっているかのように体が反応する場合がある。

不安がパフォーマンスに与える影響

不安は古くから敵と見なされることが多い。アスリートやパフォーマーは、緊張や舞台負けを取り除くように言われる。それには正当な理由もあり、不安は記憶力と集中力を弱めるとの研究結果も複数出ている。

だが、新たな研究では、不安は必ずしもパフォーマンスを損なわず、逆にパフォーマンスを高めることもあるとの結果が出た。

学術誌「個人差ジャーナル(Journal of Individual Differences)」に今年掲載された論文によると、ストレスの高い出来事を脅威ではなく挑戦と見なす人は、不安からエネルギーを得られることが分かった。こうした人はエネルギーの高まりからモチベーションを得て、パフォーマンスを改善させるのだ。

研究チームは、不安を抑圧するのではなく、それを認識しているときに個人のパフォーマンスが最高となることを発見した。自分の感情を認識し、不安を受け入れた人の方が、目標に向けてエネルギーを集中させることができたのだ。

不安を受け入れる

不安を経験した時、エネルギーを注ぐ先の選択肢は2つある。1つ目は、不安を抑圧すること。2つ目は不安を受け入れることだ。不安を受け入れることは苦痛ではあるが、耐えられなくはない。

「手の震えが皆に見られてしまう」「この不安は自分が失敗する証拠だ」と思うことをやめ、自分にこう言い聞かせてみよう。「この不安から生じるエネルギーを、よりよいパフォーマンスにつなげられる」と。

不安を感じていても、成功はできる。そのためには、緊張から生じるエネルギーが自分のパフォーマンスの活力になると考えられることが必要だ。不安のせいで一歩が踏み出せないと思うと、本当にそれが実現してしまう。

不安を感じながらも行動を起せば、そのたびに少しずつ精神が強くなる。やがて、不安に耐える能力にさらに自信が持てるようになり、ストレスを脅威ではなく挑戦と見なすようになるだろう。

重度の不安は治療を

不安によって日々の行動(出勤する、学校に行く、人と会って話す、など)が妨げられるような場合は、不安障害かもしれない。ただ幸い、不安障害は治療が可能だ。

残念ながら、不安障害のある人の大半が、何年も未治療のまま過ごしている。だが助けを早く求めれば、それだけ早く楽になれる。