インテル最古参の長友、今季残留へ意気込む 競争激化も「勝負できたら残りたい」

写真拡大

2戦連続先発のローマ戦 左太腿の違和感で交代も「守備に関しては上手く対応できた」

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間26日のリーグ第2節ローマ戦に2試合連続のスタメン出場を果たした。

 長友は相手攻撃陣の対応に追われ、0-1で迎えた後半11分に左太腿の違和感により自ら交代を申し出た。すると代わりに入った新加入DFダウベルトが安定したパフォーマンスを見せて、チームの3-1の逆転勝利に貢献。左太腿の状態とライバルの台頭でレギュラー維持に大きな不安を残すことになったが、今季のインテル残留に向けて改めて意気込みを語っている。

 強豪相手に、敵地で見せ場は訪れなかった。インテルはローマFWエディン・ジェコに先制点を許し、長友もFWグレゴイレ・デフレルとMFラジャ・ナインゴランの対応に迫られた。

「そうですね。すごく止めるのが難しい選手と、ずっとミーティングで言われてたので。ただ、何もさせてないんじゃないかと思うので、守備に関しては上手く対応できたかなと思います」

 左サイドを崩されなかったと胸を張った長友だが、ダウベルトの投入後、チームは怒涛の3ゴールで逆転勝利を挙げた。今夏インテルのサイドバックには、このブラジル人DFのほかに、バレンシアからポルトガル代表DFジョアン・カンセロも加わっており、6人の大所帯となっている。

ライバルは「めちゃくちゃいい選手ですよね」

「めちゃくちゃいい選手ですよね。若いし、スピードもあるし、テクニックもある。厳しい戦いは、これから待っているんだろうなと思います。それも含めて、楽しみですけどね。自分自身もコンディションが凄くいいので、監督もそれを評価してくれて、使ってくれたっていうのもあるんで、楽しみですね」

 長友は台頭した強力なライバルについて、こう語った。フィオレンティーナとの開幕戦後は、ルチアーノ・スパレッティ監督にパフォーマンスを「素晴らしく良かった」と評価されたが、この日は守備面で耐える展開だった。代表遠征でチームを離れるという状況も、コンディション維持の面で不利となる。

 夏の移籍市場は31日まで開いている。インテル残留への思いを聞かれた最古参の男は「もちろん、勝負できたら(チームに)残りたいです」と意気込みを語った。左太腿の状態とレギュラーの座に不安を残し、日本への帰途に就く。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images