カリアリからペルージャへレンタルされたハン・グァンソン【写真:Getty Images】

写真拡大

 イタリア・セリエAのカリアリからセリエB(2部)のペルージャへレンタルされた北朝鮮代表FWハン・グァンソンは、現地時間26日に行われたリーグ開幕戦でいきなりのハットトリックを記録する活躍を見せた。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 2015年のU-17ワールドカップなどにも出場した現在18歳のハンは、今年3月にカリアリに加入。昨シーズン終盤戦のセリエAで5試合に出場して1得点を挙げ、北朝鮮人選手としてセリエAでの初出場および初得点を記録した。

 6月に北朝鮮のA代表にもデビューしたハンは、今月7日には買い取りオプション付きレンタルの形でペルージャへ移籍することが決まった。開幕戦に先発で出場すると、いきなりのセンセーショナルな活躍を見せることになった。

 ハンは9分に先制点を記録したのに続き、2-1で迎えた40分にはチームの3点目を記録。さらに終了間際の85分にはハットトリック達成となるゴールを加え、5-1の大勝の立役者となった。

「今シーズンの新発見になりそうだ」と伊紙もその活躍に賛辞を送っている。2004年以来のセリエA復帰を目指すペルージャの大きな戦力となるかもしれない。

text by 編集部