25日、英ロイター通信は、李在鎔サムスン電子副会長の1審判決公判の結果を緊急速報で伝え、今回の判決が文在寅大統領をはじめとする韓国改革勢力の勝利と評価した。韓国・マネートゥデイが伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年8月25日、英ロイター通信は、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の1審判決公判の結果を緊急速報で伝え、今回の判決が文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめとする韓国改革勢力の勝利と評価した。韓国・マネートゥデイが伝えた。

ロイター通信は、25日のコラム「ブレイキングビュー」で、韓国最大の企業サムスン電子の事実上の総帥である李副会長が、歴史的な裁判により、贈賄容疑などで5年の実刑(求刑12年)を宣告されたことを伝えた。それとともにサムスン関係者の有罪判決は、韓国の改革勢力の勝利と評価した。

ロイター通信は、「今回の判決が後の裁判で覆らない限り、財閥改革を約束した文大統領を後押しすることになる」とし「他の財閥総帥も今回の判決の影響を受ける見通し」と伝えた。

また、ロイター通信は、今回の裁判が最高裁まで行く公算が大きく、「最終判決が出るまでに数カ月はかかるだろう」と指摘した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「たったの5年だ。苦い勝利ではないか。改革の成功ではなく、改革のための第一歩だ」「5年の実刑判決しか出なかった。求刑の半分にもならない。不足な勝利」「たったの5年で勝利と言えるか?」「海外では、せいぜいこの程度の結果にしかならないと思っているんだ。だから勝利と見ているんだ」など、判決の内容への不満の声が寄せられた。

また、「正直言って、どうせ執行猶予になるだろうと思っていたけど、実刑になったので、ある程度は評価している」と、判決を評価する意見もみられた。

その他に、「外信も、サムスンが幅広くロビー活動を行っていて、実刑判決は難しいと考えていたみたいだな」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)