実は“愛がない”!? 二面性がコワい「オセロ男」の見抜き方4つ

写真拡大

今、隣にいてくれている人を「彼氏こそが理想の相手!」と、あなたは胸をはって言えるでしょうか?

男の本性は“お金の使い方”で見抜く! 絶対に避けたい「心が貧しい人」の特徴3つ

言えるあなたは、とっても幸せなんだと思います。だって、「理想のタイプは◯◯だけど、今の彼氏は好き」なんて人が多いですから。

でも理想の相手に見えているだけで、実はウラとオモテを使い分ける“オセロ男”だったなんて失敗談も多いのです。

今回は要注意なオセロ男の見極め方をご紹介していきましょう。

1. 自分の話をしてくれる?

いつものデートを思い出してください。彼は、あなたの聞き役ばかりに回ってくれていませんか?

もしそうだったとしたら、実はあなたのことはどうでもよくて、都合よく聞き流しているだけかも……。

オセロ男は、とりあえず人に合わせるのがうまいです。あなたの話を聞くふりをしつつ、あなたの理想の相手を探って演じている可能性もあります。

彼の仕事や友人関係、ちょっとした弱音とか。聞いたことはありますか? 実は彼のことはあんまり知らないなんていうのは要注意です!

2. 機嫌がいい時以外でも、相手してくれる?

体調不良や仕事などを理由に、デートなどを連続でドタキャンされたりしていませんか?

もしかしたら、あなたにいいところしか見せないと決めている可能性があります。

こういう男性は、二面性をもっていたり……!

好きなところはもちろんだけど、嫌なことも分かり合えてこそ“理想の相手”と言えるはずです。

よくよく考えてみて、彼に精神的・身体的に不安定な気配があるのであれば、オセロ男かもしれません。

3. 怒ったり、指摘したりしてくれる?

この2つはパワーを使うもの。でも、お互いをより理解しあうためにも必要な過程ですから、大切に思う相手になら、そのパワーを使うこともあるはずです。

ですが、オセロ男は基本的に、この2つをすぅーっと避けようとします。

「結構ヒドいことしたのに、許してくれるなんて……」ということがあるのなら、それは優しさではありません。メンドくさいから、受け流してばっかりいるんです。

優しい人じゃなくて、あなたを「どうでもいい」と考えているんですよ。

4. あなたへの愛情を「好き」「愛してる」以外の言葉で表してくれる?

理想の相手って、出会えたら嬉しいけれど、判断は難しいもの。判断の1つの基準となるのが、言葉です。

本当にあなたのことを大切に思っているのであれば、自分のボキャブラリーの持てうる限りで、愛情表現をしてきてくれるもの。

それは「好き」や「愛してる」といったありきたりな言葉ではなく、彼なりの表現だったりすることが多いです。

もし、定番の言葉しか言ってくれないのであれば、オセロ男の可能性を疑いましょう。「とりあえず、こう言っておけばいいでしょ?」という風に、あなたのことを下に見ているかもしれません。

LINEなどでも、慎重に、彼の使う言葉を分析してみてくださいね。


「もしかしたら、私の彼はオセロ男……?」と感じるのであれば、一回離れてみるのがオススメです。

冷静に現状に向き合えるはずですし、本当に理想の相手ならまた出会えるはずですから。