[8.26 J1第24節 横浜FM 1-0 FC東京 日産]

 FC東京戦で5試合連続無失点を達成した横浜F・マリノスは、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクがこの日も奮闘した。相手の強力な攻撃陣にPA内で自由を与えず、DF中澤佑二とともに制空権を握り続けた。

「失点しなかったことよりも、勝てたのが重要です。それによって暫定2位になれたし、このまま良い状態を続けていきたい」。守備面の評価よりもチームの結果に喜びを表しつつ、FW前田遼一やFW大久保嘉人らに仕事らしい仕事をさせなかったことは、「経験のある素晴らしい選手たちを抑えることができたのは、自分にとっても自信になる」と白い歯を見せた。

 31日に行われるW杯アジア最終予選ではオーストラリア代表の一員として、埼玉スタジアムで日本代表と対戦する。これまでは横浜FMでの活動に集中してきたが、「明日からは頭の中を切り替えていきたい」と代表モードに。自身は環境の対応に苦しむことはなさそうだが、「とくにアドバンテージではありません」と笑い、「日本の暑さには慣れてきているけど、そこは一人ではどうしようもないからね」と答えた。

「日本はどの選手が出てきてもレベルが高く、選手全員を頭の中に入れておかなければならない。お互いの国にとっていい結果が残せるようにやっていきたいけど、自分たちは次の試合で勝ちに行くだけ」。最終予選の直近4試合で先発出場を続け、6月のコンフェデ杯でも2試合でスタメンを託された主力DFはそう、意気込んでいる。

 日本は勝てば6大会連続のW杯出場が決まる大一番。しかし、ホームで歓喜の時を迎えるためには、今季24試合17失点の守備陣をけん引するJ1屈指のDFを破らなければならない。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第24節1日目 スコア速報