パッキャオが50勝達成のメイウェザーを祝福【写真:Getty Images】

写真拡大

15年5月に惜敗した「史上最強のライバル」が称賛…ファンから再戦熱望の声も

 プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾った王者に対し、かつて敗れた世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が「50勝を成し遂げたフロイドに祝福を!」と自身のツイッターで賛辞を送っている。

 世紀の一戦を受け、かつて拳を交えた伝説のファイターも反応した。

 パッキャオは試合後にツイッターを更新。「リスクを負って勝ちに出たマクレガーにリスペクトを」と序盤から積極的に攻めたマクレガーの奮闘を称えた。さらに「そして、50勝を成し遂げたフロイドに祝福を!」と賛辞を送っている。

 パッキャオといえば、15年5月にWBA・WBC世界ウェルター級王座統一戦でメイウェザーと対戦。「史上最強のライバル」の激突に世界的な注目を集め、2人合わせて約300億円を超えるファイトマネーを手にした歴史的マッチで惜しくも判定負けを喫していた。

 今回も同様に世界の注目を集めた一戦。伝説の宿敵の祝福にファンも反応している。

ファンは称賛とともに再戦を願う声…「メイウェザーに1をつけられるのはあなた」

「あなたは事実上メイウェザーを倒していた…だから、49勝1敗であるべきだ!」

「メイウェザーとパッキャオの一戦はノーカウントにしてほしい…パッキャオが明確に勝っていたからだ」

「二大巨頭のパッキャオとメイウェザーに再戦を!」

「偉大な祝福にメイウェザーも喜ぶことだろう」

「一流のメッセージだ」

「私たちが望んでいるのはたった1つ…あなたとメイウェザーの再戦だ!」

「メイウェザーに1をつけられるのはあなたしかいない」

 このようにパッキャオの一流の品格を称賛する声とともに、メイウェザー戦の判定に疑問を投げかけ、再戦を願う声もかけられていた。

 いずれにしても、かつて歴史的勝負を演じたパッキャオも注目するほどの「新・名勝負」であったことには違いない。