現日本代表最年少MFが圧巻スキル披露! 「当てるだけ」の技ありパスでゴール演出

写真拡大

21歳MF井手口のパスから長沢が勝ち越し弾 G大阪が5試合ぶりの勝利

 ガンバ大阪は26日のJ1リーグ第24節、敵地サガン鳥栖に3-1と勝利したが、この一戦で輝きを放ったのがロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選のオーストラリア戦(31日)、サウジアラビア戦(9月5日)にチーム最年少で招集された21歳の若武者だった。

 前半はスコアレスのまま推移すると、後半早々に試合が動く。後半3分、MF倉田秋が相手ゴール約25メートルの位置から意表を突いたタイミングで右足を振り抜き、先制点を叩き込む。一方の鳥栖も同22分にPKでFW豊田陽平が決めて1-1の同点。鳥栖戦で白星を逃すと長谷川健太体制ワーストタイの5試合連続未勝利というG大阪に暗雲が立ちこめ始めた。

 この嫌な流れを断ち切ったのが、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督も期待を寄せるG大阪のMF井手口陽介だ。後半29分、相手エリア付近で味方のバックパスを待ち構えていた井手口は、エリア内での攻防を窺いつつ、右足アウトサイドでそのまま中央へパス。絶妙なカーブがかかったボールをゴール中央へ通し、最後はFW長沢駿がヘディングで合わせて勝ち越し弾を決めた。

 これで2-1とリードしたG大阪は、後半45分に左サイドバックの藤春廣輝が今季リーグ戦2得点目を決めて勝負あり。最終的にG大阪が3-1で逃げ切り、5試合ぶりの勝利を手にした。

ゴールを決めた長沢も絶賛

 G大阪の長谷川監督は「本当に選手がハードワークしてくれた。1か月ぶりの勝利なので、長かったなと思っています」と安堵の様子を見せた。一方、勝ち越し弾を決めた長沢は「陽介がすごく良いタイミングでボールをくれた。あとは当てるだけだった」と、井手口の技ありパスを絶賛した。

 井手口はW杯出場がかかるオーストラリア戦、サウジアラビア戦のメンバーに招集され、ハリル監督は「井手口もずっと安定したプレーを見せてくれている。ボールを奪いに行ける選手、積極的にデュエルに行ける選手であり、右足でも左足でもパスを出せる。まだ若い選手だ」と高い評価を与えている。

 今年6月7日のキリンチャレンジカップ・シリア戦で代表デビューを飾った井手口は、同13日のイラク戦で代表初先発を飾るなど急成長を遂げる一人。G大阪でも結果を残し、良い状態を維持したまま代表に合流する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開されたMF井手口の華麗なアウトサイドパス

https://www.youtube.com/watch?v=TlHv2XjMGqI

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開されたMF井手口の華麗なアウトサイドパス

■写真■

【写真:Getty Images】