情報番組「ひるおび!」(TBS系)が2017年8月24日、Jタウン研究所が以前行った「納豆、嫌いですか?」の読者アンケート結果を紹介した。

司会の恵俊彰さん(52)と、小森谷徹さん(52)が掛け合う「新聞コーナー」。東京新聞(24日朝刊)の特集「消費伸び〜る納豆新時代」を紹介するなかで、日本地図での分布とJタウンネット編集部による考察が紹介された。

「鹿児島も割と苦手なほうですよね?」と振られて...

番組では東京新聞をもとに、健康志向や節約志向の高まりで、納豆の消費が高まっていると伝えた。それを受ける形で、Jタウンネットが14年8月29日に掲載した「『納豆嫌い』多い県は? 現代の『納豆格差』、全国アンケートで判明」のアンケート結果も紹介された。


14年8月29日のJタウンネット記事より

小森谷さんは図表をもとに、岩手県、山形県、福島県、新潟県には「嫌いな人がいない」と説明。「大嫌い」が多い関西でも、「大好き+好き」派も少なくない、と紹介すると、スタジオには「へー」と驚く声があがった。そして、宮崎県は「大好き」と「好き」が0票ずつで、「好きな人がいない」結果となったと紹介されると、より大きな「えーっ!」に包まれた。

小森谷さんが「(宮崎の隣にある)鹿児島も割と苦手なほうですよね?」と振ると、鹿児島市出身の恵さんは「あんまりね、聞かなかったよね」と答えていた。なお、14年のアンケート結果で、鹿児島県は「大嫌い」(33.3%)、「あんまり好きじゃない」(16.7%)と半数が苦手意識を見せた一方、「大好き」(16.7%)、「好き」(25.0%)も拮抗する勢力だった。