ハリケーン「ハービー」の上陸で被害が出た米テキサス州ベイサイド(2017年8月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米テキサス(Texas)州の刑事裁判局は26日、ハリケーン「ハービー(Harvey)」の影響で洪水が発生する可能性があるため、受刑者ら計4500人を3か所の刑務所などから避難させる意向を明らかにした。

 同局によると、ブラゾス川(Brazos River)が増水しているため、万が一の場合に備えて周辺の刑事施設の収容者たちを避難させるつもりだという。当局は、収容者を州内の別の施設にバスで移送する方針を示した。

 ハービーはテキサス州に上陸後、26日未明に勢力を弱め、同日正午までには熱帯暴風雨に変わったが、今後も一部地域に最大1000ミリの大雨を降らせると予測されていることから、広い範囲が壊滅的な洪水に見舞われる恐れがあり、警戒が呼び掛けられている。
【翻訳編集】AFPBB News