超深海・マリアナ海溝に生物はいるのか?ダイオウイカチーム再集結

写真拡大

8月27日(日)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:00)は、ディープオーシャンシリーズの「超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦」を放送。同シリーズは、深海の秘境に、最先端の科学で挑むシリーズで、世界で初めてダイオウイカを撮影したNHK深海取材班が再び集結し、新たな探検へと旅立つ。最終回は、水深6000メートルを越える「超深海」。地球の海の1%ほどしかない究極の深海ゾーンに挑む。

舞台は、マリアナ海溝チャレンジャー海淵(10920m)、「フルデプス」と呼ばれる地球最深部だ。57年前、人類で初めて潜航した海洋冒険家は、そこで深海魚を目撃したという。しかし写真等の証拠はなくミステリーとなっている。すさまじい水圧のため、タンパク質が機能できなくなり生存不可能と考えられているからだ。番組では、フルデプスを自由に動き回れる探査機「UROV11K」や、「ランダー」を研究者とともに新開発。のべ2か月に及ぶ探査を行なった。7〜8000メートルでは天女のようにしなやかに泳ぐ深海魚、硬い装甲で覆われた巨大ヨコエビなど、思いもよらない不思議な生き物たちに遭遇。さらに、1万メートルを超す地球最深部フルデプスを目指す。果たして生命はいるのか? どうやって水圧をはねのけているのか? 壮大な進化の旅路をへて、生存の限界を広げていった生命の謎を追う。