フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

写真拡大

「予想はるかに上回る強さ」も10回TKO勝ち「今夜、それより強かった男が私」

 プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾ったメイウェザーは「ボクシングは地獄のスポーツだ」と誇ったという。英紙「ミラー」が報じた。

 世紀の一戦を制したのは、メイウェザーだった。

 序盤は手数の多い相手をうまく交わしながら、中盤以降に圧倒。そして、10回に一気に畳みかけたところにレフェリーが入り、TKOとなった。

 世界が注目した異色マッチ。記事では「フロイド・メイウェザーはコナー・マクレガーを撃破し、引退を表明。そして、それはこの時代が彼のものであることの主張にもなる」とデビューから50戦無敗という金字塔を打ち立て、現役生活に幕を引くチャンピオンを称賛している。

試合後、勝者となった自らを誇ったメイウェザー「ボクシングは地獄のスポーツだ」

 その上で、メイウェザーも試合を振り返り、「彼はタフな相手だった。私の想像よりもはるかに上回る強さだった」と奮闘したマクレガーを称賛した。

 しかし、最後に勝者となった自らをこのように言い、誇ったという。

「ただ、今夜、それよりも強かった男が私だったということだ。ボクシングは地獄のスポーツだ。MMAも、地獄のスポーツなんだ」

 試合終了後には「予想通りの戦いを実行してみせた」などと世界の各国メディアに速報されていたメイウェザー。5階級で世界チャンピオンに輝き、伝説となった40歳は、50度目の勝利を挙げ、また一つ、新たな勲章が加わった。